野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

地獄谷悲話

chigotasn.jpg
ogasiroi.jpg
sirozem.jpg
isihaka.jpg
先日猪を捕まえた罠も修理を終へ、車に積んでは新たな戦場(^_^)を求めウロウロしておりました。

 田んぼの畔で草刈りをしてみえた方に「罠を掛けとるんやけど、猪の出とるとこはないかな?」と聞くと「あそこに猪が入って荒らされた、あれではもう今年は取れんやろ」と案内されたのが最初の写真で、稲がかなり実っている為に、電柵を潜って田圃の入った猪は稲を歯でしごいて壊滅状態にしています。
「今度はうちの田圃が狙われるので捕まえてくれ」との事で隣接した山に入り、獣道を見つけて罠を掛けました。
 
 ここは「ちごんたん」と呼ぶ土地ですが漢字で書くと地獄谷で、おどろおどろしい地名ですが、それには悲しい伝説があります。最初の写真にある田圃の向こうの丘陵は小川城の南面で、ちょいと空が見えている所がおそらく虎口のあった鞍部だと思います。次の写真が北面で中央部が小川城となります。
 
 天正11年2月、雪の鈴鹿山脈を越えて秀吉が率いる数万の軍勢が伊勢の地に雪崩込みました。清須会議に不満を持つ柴田勝家と滝川一益は秀吉に反旗を翻して兵を挙げ、一益は亀山城に籠ったのですが、秀吉は越前の勝家は雪で動けないだろうから一益から個別撃破と伊勢攻めを行ったのです。
 
 滝川軍と秀吉に味方した主家の関一政を追放していた関家家臣団は近江に集結した秀吉軍は東海道を登って攻めて来るだろうと、鈴鹿峠を中心に迎撃態勢を整えました。
 それに対して秀吉軍は 滝川方が陣を張る鈴鹿峠の手前で左に折れ、山女原から安楽へ下りる安楽越への杣道を選び、殆ど無抵抗で伊勢平野へと雪崩込んだだのです。
 
 秀吉は平尾で軍を3つに分け、1隊は左に折れて上野に抜ける道を進み、山本城、小岐須城、原城など、峰城の後ろに控える小城を落として峰城を東から攻ます。次の隊はそのまま安楽川に沿って直進し、峰城を西から攻撃。
 
 そして秀吉の本隊は右折して亀山城や新所城、鹿伏兎城を攻めますが、その途上にあるのが小川城です。小川城は小川図書頭1100石が領し、最大動員力は100名、関氏3与力の一人として知られ関氏の北方防御の拠点でした。
 
 しかし、主力は鈴鹿峠の防御に出ており、城は空城同然で、秀吉軍の敵ではありません。城に残っていた老人や小川氏妻子は南の谷に逃げますが、たちまち秀吉軍に囲まれてしまいました。もはやこれまでと、子供刺して殺したあと、お互いが刺し合ったり腹を切ったりして果てました。それ以来この谷を地獄谷と呼ぶとか。
 
 最後の写真は地獄谷で果てた人たちを弔ったと言われる五輪塔や石柱。
 
 果たして田を荒らした猪にとっても地獄谷になるか? 結果は後日を待て(^_^)

雨中の血戦

P8074376.jpg
 P8064374.jpg
P8064373.jpg
 やはり降ってきたか
朝から降ったり止んだりの空模様だったが、雨が止んでいる間に仕留めようと棚田の跡に桧が植えられた所を登っていると辺りが暗くなり、大粒の雨が落ちてきた。
 
 昨日、罠に小型の猪が掛かっているのを見つけたのだが、仕留めの得物は山芋堀と剣鉈しかなかった。20センチ程の木が疎らにあるだけでワイヤーが絡みつく物が無く、猪は直径7~8mの範囲を自由に走り回っており、小型とは言え1m50の山芋堀で相手をするのはちょいと怖い(^_^)
 
 しからば槍をと自宅へ戻る途中、実家近くで市内一斉の道路掃除を終えた故郷の人たちが休んでいた。脇でスピードを緩めるとその中にいた従弟が「獲れたか?」と聞くので「小さいけど猪がかかっている」と答えると「くれ」と言ったのは良いのだが「今は酒を飲んでいるので明日の朝来てくれ」との話である。
 
 そんな訳で仕留めは今日となったのだが、あまり置いておくと死んだり逃げられたりするので悪天候を突いての出撃となった。

 現場に着くと猪の姿はなく、一瞬「逃げられたか!」と思ってが、ワイヤーがピンと張っていたので「おるぞ、気いつけ」と言うも間もなく笹薮から猪が突進してきた。
 突撃を受けて、ワイヤーが一杯に張った所へ槍を繰り出す。左胸を深く抉ると敵は一旦下がったが、更に突撃してきたので、槍を出して迎えると狙いが外れて背骨の上を刺して先は向こう側まで突き抜けた。
 猪が体を振ると、装着用の穴に細い針金を通して手で一ひねりしただけの槍先が槍の柄から外れて猪に刺さったままとなってしまい、小型だと敵を舐めた報いである。
 
 ままよと、そのまま槍の柄で頭を1発、そして2発と叩いたところで突然に猪が倒れたので、すかさず頭を踏みつけて剣鉈を胸深く刺し込み、それを抜くや槍で肺を突いていたのか、泡だった血がドッと噴き出て雨と泥の地面に広がった。槍の柄で頭を叩いたくらいで猪が簡単に倒れるはずは無いので、槍で致命傷を受けており、出血多量で動けなくなったのだろう。

 2枚目の写真は昨日現場近くで撮った写真である。その2日前に道路脇でお婆さんが5~6歳の男の子と花火をして遊んでいた。どうしてこんなに家から離れた所で花火をしているのだろうと思ったが、昨日その下の田を見て理由が判明。電気柵で囲ってある田圃へ猪に入られた為に、花火の音や光で近くの山に潜む猪を追い払おうとしていたようで、よく見ると道路脇のあちこちに花火の殻が立っているではないか。田圃脇でロケット花火の滓が落ちているのを目にしたり、時々パンと乾いた音を断続的に聞くけれど、花火で獣を追っているいようだ。

 まだ稲が実のっていないので猪や鹿は田圃に入っても踏み荒らすだけだが、あと10日もすると歯で穂をしごいて一面の稲を食い尽くしてしまう。今回猪を獲った所は、従弟が水路の見回りで足跡をよく見かけるから罠を掛けよと言ったのだが、地元の情報をよく聞き成果を上げて行こうと思う。

有害駆除の報奨金

P8054372.jpg
 夜来の雨は上がったものの、雨で柔らかな畑に出る気も起らなかったので小説を読んでいると「ピンポン」と玄関のチィムが鳴った。
 誰も出ないので仕方なく玄関を開けると猟友会の福会長の顔があり、予告無しではあるが「待ち人来たれり」だ。
 「駆除のお金を持ってきたので署名と印鑑をくれ」との事で、銀行の封筒を貰い、109800円の金額と名前が書いてある欄に署名して印鑑を押す。
 
 4月から6月までの有害鳥獣駆除の報奨金で、メス鹿(10000円×5)、オス鹿(8000円×6)、イノシシ(8000円×3)。合計で122000円となるが、猟友会が手数料を1割取るので手取りが109800円と言う訳である。

 暇な爺さんにとっては手ごろな小遣い稼ぎにはなるが、色々な道具を揃えるので費用が掛かり、その修理代もバカにならない。まあ、それらを含めて趣味の世界という事だろう。

 他の人はどうかと署名押印をしながら見るとそこには7~8人の名前があって3,4万台が多く、そのページでは私が一番多かった。
 銃猟は毎週末にはやっている感じで、メンバーは流動的なのだろうが20人程で巻き狩りをしており全体の捕獲頭数は多くとも一人当たりの支払いはそれ程でもないようだ? 銃猟師は罠猟師を一段低く見ているので、罠猟師の方が稼ぎが多い現実を苦々しく思っているに違いない(^_^)

 それでも昨日、罠の帰りにジビエ亀山さんへ寄ったのだが先月までで36頭だそうで、私は雨の多かった7月には個人新記録(^_^)の6頭を加えて20頭であり、倍に近い差があって銃と罠の両方をやるプロ猟師にはとても敵わないのだ。

 今年の有害駆除期前半は適当な間隔で雨が降ったのと、こまめに罠を掛け替えた事が好成績に結びついたが、残りの8月9月は晴れ間が多いだろうから難しいかもしれない。しかし農家は収穫の秋を迎えて一番獣害に悩む季節でもあるから頑張らなくちゃ!

 写真は有害駆除期に入ると埋設処理ばかりで解体しなくなり、解体用の刃物が錆びていたので研いだのだが、その中から骨スキ(サバキ)包丁を選んで写した。左上が地元飯南の刃物鍛冶に打ってもらった角型で軟鉄に青紙。右上がミソノでスウェーデン鋼の丸型、後の3本は南常(正広)

 ジビエ亀山さんによると、鹿は6・7・8月が美味しいそうだ。若い鹿が掛かった時は余程解体しようかと思ったものの、鹿の体についていたダニを見て日和見を決めたが、次に掛かった時は久し振りにこの刃物を使うかな。 鹿の背ロースでジンギスカン、美味しいよ(^_^)

猿を成敗

P7314364.jpg
 今日は月末とあり、有害駆除も月末締めなので罠の見回りです。
 先ずは掛かっている可能性の高い山裾へ行きましたが2つとも変化無しなので1つの罠を集落に近づけて掛け替へ。稲が実のって来たのでそれを食べにくる猪や鹿を狙います。
 
 最後に実家の近くで猪の通り道だから罠を掛けろと言われていた所へ行こうとすると、道脇の落ち葉が掘り起こされた様になっている。「猪が来たな、掛かっているかもしれない」と獣道を辿ると、罠の辺りに動く影。
 
 「猪だ!」と、慎重に近寄ると逃げようとする黒い塊から赤い顔が振り向いた、猿だ。猿の群れが落ち葉の下に潜んでいる虫でも探し、その1匹が罠を踏んで作動した様である。
  
 猿は木から木を飛び移るイメージだが、移動の時には一列に並ぶ訳では無いだろうが、他の動物と同じように獣道を使うようで、時々ではあるが括り罠にも猿が掛かる。もちろん狙って獲れるものでも無い。
 
 すぐ傍に実家の畑があり、6年程前まではそこで薬草を栽培していたのだが、獣害が酷くなったので放棄して今は草むらになっている。山村の生活者を一番困らせているのが猿害で、春に苗を植えると興味本位で片端から抜き去ってしまい、それを逃れても取り入れ前には食べられてしまう。ビニールハウス用のパイプを使い完全に網で囲わないと自家消費の野菜すら栽培ができず、農家でありながら食べる野菜にも困るのが猿害なのだ。
 
 「ここで会ったが百年目、畑の仇だ成仏しろ」と、殺気を感じて泣き叫ぶ猿に向かい、無慈悲に山芋堀を振り下ろした。

猪一撃

sika723.jpg
 鈴鹿の山はおかしな天気が続きます。暑い日が続いたので梅雨が明けたと思ったら、また時々雨が降ります。
 そんな中で小さいながら猪が罠に掛かりました。
 
 得物は罠を仕掛ける穴を掘る為の鉄製の山芋堀と剣鉈です。チラリと家に戻って仕留めの槍を持って来ようかと頭を過りましたが、小型の猪なのでみかづちと名付けている山芋堀で仕留める事にした。
 
 ワイヤーの半分程は木に絡んでいるから遊びは1.5m程で、体もあるから大よそ4m弱の円が敵の行動範囲である。
 小型ながらも猪で、けなげに突撃を繰り返してくるので、こちらにワイヤーを一杯引っ張った時に頭を狙い、大上段に振りかざしたみかづちで一撃する。
 
 それなりの手答へはあるものの相手は動き回るので立木が邪魔をしていることもあって、狙いは外れて相手を怒らせるだけである。ならばと2度3度と降り下ろし乱戦の末にようやく敵の足を止めたので、頭を足で踏みつけて胸に剣鉈で仕留めの一刺し。
 
 若い小型ながら丸々と太っており美味しそうでしたが、ちょいと構っている暇が無いので、証拠写真を撮り提出用の尻尾を切ったあと窪地を利用して埋設処理をしました。
 
 稲が実を付け始めてきたので、里山ではこれから猪が活動を活発化しそうです。農家の方から自分の田圃の周りに罠を掛けてくれと依頼があるのですが、亀山猟友会では猪や鹿を対象とした罠は3基しか掛けれらない為に申訳無いと詫びながら断っています。
 
 同じ様な立場で悩む知り合いの罠猟師から電話があり「自治会から頼まれたので**地区では置いてある箱罠は動かすで」と言ってきました。箱罠は誰からも見えるので、獣害に悩む農家からすると罠が置いてあるのに何故動かさないかとの思いも当然に出てくる事でしょう。
 
 何故亀山猟友会では罠を3基しか認めないのか? おそらく有害駆除は捕獲数が決められている為に、鉄砲猟師より罠猟師の方が効率が高いので報奨金を均す為にハンデを付けたのでしょう? 
 しかし、現実に農家は獣害で悩んでいるのですから、猟友会は罠の制限をするより捕獲数がオーバーしそうなら市に対して捕獲数の増大を求めるべきであり、たぶんそれは認めらると思うのですがねえ?
 
 法は罠の数を一人30以下としているが、有害駆除で罠の数をそれよりもっと少なく制限する猟友会は亀山以外にあるのだろうか? 
 「黒い猫でも、白い猫でも、鼠を捕るのが良い猫だ」 鄧小平
*CommentList

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR