野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

路傍の花

sahohime1.jpg
kisuge2.jpg
okigusa1.jpg
 今日は連休最後の日でしたが、皆様はどうお過ごしだったでしょうか?
 私はいつもと同じで午前中は庭にある苗や種の水やりをしたあとはネットサーフインと読書で過ごし、遅い昼ごはんを食べて関の畑へ行っては雑草と戦っておりました。
 
 昨日は久しぶりに名古屋まで出ましたが、用事を済ませたらさっさと帰宅。もうこの齢になるとあちこち見て回ろうとする意欲が湧きません。全てとは言いませんが都市にある多くの物は共同幻想的価値であり、余命幾ばくもなく(^_^)虚栄で身を飾る必要を感じない爺さんは食指が動かない(都市の商業資本も田舎の貧乏人なんざお呼びじゃない^_^)
 
 私も中年までは名古屋や東京で働きましたが、故郷が田舎である事を除いても、現役を引退しての年金暮らしは、田舎に住んで趣味として農業をするのが最適だと思っております。
 
 「ウッソー」と言われるでしょうが、若い時は反っ歯で眼がギョロリとして痩せていたので、山本コウタローに似ていると言われておりました。出張で能登へ行った時に宇出津の旅館で宿帳を書こうとしたら「コウタローさんが来たと皆が騒いでいますが、山本さんですか?」と聞かれた事もあります(^_^)

 彼は癌を患った事からか、相変わらず痩せたままなので、齢相応になった私とは風貌が異なってきましたが、伊豆の山奥で不耕起栽培の農業を営み、健康や環境問題を訴えて講演をしている姿には、有名無名と立場の差は大きくともやはり今も少し似ている^_^
  私には彼の様に歌ったり話をしたりして多くの人を感動させる能力を持たないが、道行く人の1人か2人は足を止めて愛でてくれるであろう?路傍の花を育てています。
 
 写真は今を盛りと咲き誇る春の女神「佐保姫」と別名を持つ地黄、そしてチラリホラリと姿を見せた夏の高嶺を飾るニッコウキスゲ、そして最後は花の時季も終えて風に飛ばされるのを待つ我が姿にも似た?翁草
 美しく咲く花を育てるだけでなく、これを健康と具体的に結びつけるのが更なる私の課題だが、道なを遠し

雌鹿を駆除

sika53.jpg
 午前中は関の畑で草刈りをし、午後からは実家に所用があったのでついでに罠を見回りに行くと、大きなメスシカが掛かっていました。

 1昨日に空ハジキをしていたので掛け直した罠ですが。今度は上手く足を括りました。5日で2頭ですから、今月は調子が良さそうです。
 槍は積んでいませんでしたが剣鉈は持ってきたので、山中で手頃な枝を拾ってゲバ棒にし、逃げ回る鹿を狙い定めて脳天に必殺の一撃。

 ご覧の様にこのメス鹿はお腹が大きく、今月には出産するはずだったのでしょう?
 鹿は1夫多妻で、ボス鹿が縄張りの雌鹿を全部孕ませますから、童貞のまま1生を終える牡鹿は珍しくないとか? 鹿の数を減らすには雌を倒さなければいけないので、お尋ね者の懸賞金は雄より雌が高いのです。

 一人で搬出するには少し厄介な場所だったので、写真を撮り尻尾を切り取った後は、有害獣駆除は埋設処理が基本ですから規定通りに埋葬をしました。ナムナム
P5054188.jpg

 戦い済んで日が暮れて・・暮れなずむ明星ケ岳と残照に光る田圃です。ご覧の様に植えた田んぼには電撃線が張ってありますが、これをしないと鹿が田圃に入って、植えた苗を食べるのですね。

 豊田自動織機亀山試験場の建設工事は29日から7日の連休中はお休みとの事です。そのせいで良く獲れるのかな(^_^)

猪を恵まれる

P5034181.jpg
 多くの方よりスターターについてのお知恵を頂きありがとうございました。
やはり私の手には負えそうにないので農機具屋さんに持ち込みました。20分程で治るとの事だったので展示している農機具を見て待ちましたが、結局は農機具屋さんの技術者も手に負えないとの事で、バネが巻いて送られてくる新品の部品と交換する事になりました。
 
 プロでも無理なのだから、私が出来なかったのも当然だと納得しましたが、修理代が高くなりそう(^_^; 待つ間に見た農機具の値段も高いのに驚きましたが、デザインが違っても基本構造は同じなのでうちの古いやつでも十分ですね(^_^) しかしながら中古機も結構な値段がしており、ヤフオクでジャンク農機を集めては修理をしながら使う我が身とは別世界です。

 修理代を稼がなくてはと罠を見回りに実家の奥の山へ行くと、「ふるさとの山に向ひて言ふことなし ふるさとの山はありがたきかな」山の神は善良?な猟師の願い聞いて1匹の猪をお恵み下さいました。修理代にはチト不足するでしょうが7200円の報奨金が出る獲物をゲット(^_^)

お助け下さい

kouunki.jpg
yanmahimo1.jpg
yanmahimo2.jpg
 ご存知の方がいらっしゃったら助けて下さい。
 うちのヤンマー3兄弟で末っ子のYKA401(写真一番左)のスターター紐が切れておりました。セル付なのでそのまま放置していましたが、この度バッテリーがいかれてしまい、起動できません。まあ、バッテリーを買い替えれば良いのですが、今の様な温かな気候なら手動でも簡単に掛かるはずです。
 
 そこでスターター紐を交換したのですが、外して修理をしたのは良いのですが元に戻せません(^_^) 写真2枚目の様にゼンマイバネが開いて、ケースの中に入れる事が出来ず、何回やっても上手く行きません。写真3の様に紐で括れば収まりますが、今度は外側のフック部分を掛て嵌め込む事も、嵌めたあと紐を切る事もできません。
 どなたか修理の仕方をご存知の方はいらっしゃらないでしょうか?

 写真1の右端はYTA501で排気量は違いますが同じ空冷ディーゼルエンジンで、スタータ部分を付けた姿です。
修理屋さんに持ち込めば良いのですが、この他にも発電機のエンジンが同じくヤンマー空冷ディーゼルのL40なので、出来れば修理技術を習得したいと思います。

 たぶん、知恵の輪的なちょっとしたコツで解決するのではないかと思い、お教へをお願いしました。
*CommentList

夏近し

pyakusoiu.jpg
 今日は夏のような暑い日でしたね。
念の為に植えて間の無い薬草に水を掛けました。手前からマルチのしてないのがトウキの2年物、その向こうがミシマサイコ、サドオケラ、センキュウ、ジオウ、トウキの1年物、そして少し空けてマルチが黒く見える列がシャクヤクです。

 他の列のシャクヤクは種類を確認する為に2つだけを残して蕾を刈り取っていますが、この列はご近所さんに見て貰おうと花を咲かせます。

 蕾を大きくしているのを見た前のおばちゃんが花が咲いたら欲しいと言ったので「好きなだけ持ってって」と言うと、夕方に「貰いものだけれどうちの人はお酒は飲まないから」と缶ビールを6缶、軽トラの荷台に載せていきました。
 
 わらしべ長者は花王の牡丹で有名な長谷寺ですが、王を助ける花宰相の芍薬では御利益も缶ビールぐらいのようです(^_^)

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR