野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Category [狩猟 ] 記事一覧

晴猟雪読

 昨日は当地も今年初めての本格的な雪となりました。 若かりし頃は冬の西穂や木曽駒(軟弱だからロープウエーのある山)によく登った物ですが、歳を取った今は寒さに震えており、昨日は外に出たのが車庫へ一度、今日はコンビニへ行っただけ。専らネットと図書館で借りてきた本を読んで過ごしております。 昨日は黒川博之の「破門」を読んだのですが、途中で「似たストーリがあったなあ」‥以前に文庫本を購入して読んだのを思い...

猪に逃げられて鹿

 今日は鹿ジャーキーを作る予定でしたが、冷蔵熟成して美味しくなるの待つ事にしました。 と、言うのも昨日、鹿の皮剥ぎをしていたところ、某氏より「獲物の掛かっている罠は無いか」との電話がありました。 朝方見た罠には獲物が掛かっていなかったので「無い」と返答し、作業を終へて帰ったのですが一旦自宅へ戻って枝肉を冷凍庫に仕舞い、遅い昼食を食べた後、念の為に未だ見ていない罠の見回りに出かけたのです。  最初の...

猪が欲しいのに

 朝から出かければ良いものを、午前中は喫茶店へ行ったりしてグダグダと時を過ごしたので、昼から小糠雨の降る中を罠の見回りです。 罠の数も減らして集落の際で猪を狙っているのですが、幾つかの罠を回ると、またしても鹿が掛かっておりました。 餌屋さんの引き取り連絡が無いので、冷凍庫は鹿肉で一杯になっており、困ったもの。  指定管理捕獲では解体している時間もなかったので、獲った鹿をセッセと埋めておりましたが、...

牡鹿を捕獲

 昨日は鈴鹿の山に、真冬とは思えない柔らかな雨が降った。頂上を覆っていた雪も消えて御納戸茶の素肌を見せている。 そう「鈴鹿の山に雨が降ると鹿が死ぬ」 1昨日は今年初めての猪を獲ったが、ようやく獲物たちも動き始めたようで、確信にも似た気持ちで山へ向かうと、やはり伝説は裏切らなかった(^_^) いくつめかの罠で立派な角を持った牡鹿が跳ねている。  前回の轍は踏まない。この時使った椿の棒を短くした物をもってき...

猪始め

 昨年の12月20に県指定管理鳥獣捕獲等事業が途中終了し、狩猟へのモチベーションが下がってしまいました。 以前はお金を貰えなくても故郷の獣害を減らすのだと、セッセと獲物を獲っては埋めていましたが、一度お金を貰うと人間は堕落してしまいますね(^_^)  別に欲しくもない獲物を猟期に無理して獲らなくても4月からの有害鳥獣駆除まで残しておいて、お金が出る様になってから獲ればイイジャンとなってしまいます(^_^) ...

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR