野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

茄子の花

nasu.jpg
今日は鈴鹿サーキットでF1レースの決勝
 我が家は距離はあるものの鈴鹿川を挟んで向かい合った丘陵にある為に、サーキットからのエンジン音が聞こえる
かっては大きなレースがある度に鈴鹿サーキットには10万を越える客が全国から集まり、終了後はいたる所で渋滞が起きた物だが、今はその熱気は無い。
 自動車が夢の対象であった頃は、人はそのスピードに興奮したが、生活の道具になった今では、スピードを出す事を悪とすらされているようだ。
車の暴走を抑えるだけでなく、社会全体を管理しようとして、活力をも押さえ込んでしまっているのではないだろうか? 若者からスリルとスピードを取り上げ、商業主義に彩られたセックスだけが浮遊しているように思われる。

 バイクの8時間耐久レースには全国から若者が集まり、隣の県民の森や鈴鹿川の河原でキャンプをし、酒を飲んでは歌い、好きなやつは河原でトライアルレースを始めたものだ。
レースを見るだけでなく、参加し共有する喜びがあったが、それは管理できずに「金にならない」のでやがて封じ籠められ、森や河原は土木事業として綺麗に整備されていった。
五木寛之の「冬のひまわり」には鈴鹿と時代の熱気が書かれている。
また五木氏と鈴鹿の関わりを残す「五木文庫 鈴鹿」(http://www.bunkajyuku.or.jp/book.html)と言うのがあるが、元市長が関係するので多少の割引は必要かな(^_^;

 しかし、レースとは関係なく今日も午後から畑に行くが、こちらの方は団地のある丘陵の影になっており、あの甲高いF1の排気音は聞こえてこない。
それでも日も傾いてきた頃に花火の上がる音がした。喚声は聞こえないがフィニッシュだろう。
見えはしないのだが、それでもサーキットの方を向くと、自分の長い影先に1本だけ残された茄子が、日暮れは肌寒い秋の風に花を揺らせていた。

 今日の百姓一句
秋深し 流石に無駄か 茄子の花
関連記事
スポンサーサイト

Comment

野梵さん 

お隣りの市の方なんですね。
最近見せて頂いてますが文章がすばらしいですね。
リンクいいですか?
  • posted by siyou110 
  • URL 
  • 2012.10/08 04:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

ありがとうございます。
リンクフリーですよ
  • posted by 野梵 
  • URL 
  • 2012.10/08 07:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

ありがとうございます

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR