野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

ああ無情

suika
 久しぶりの書き込である
 やらなければならないことが一杯あるのに、怠け心に流されて部屋に篭っては、パソコンと読書に耽る体たらくであった。
 天罰覿面、夏日和に誘われて畑に出ると、大きくなるのを楽しみにしていたスイカに穴!
あな不思議と洒落る余裕も1個まで、大きなヤツが他にも2つ同じような惨状に泣いた

 今年は雨と晴れのめぐり合わせの関係か、スイカが受粉しても大きくならないままに落ちるのが多かったが、何とかそれを切り抜けて育った貴重な3つで、隣のより大きいわいと独りニンマリしていたものである

 犯人は誰だ? 穴が小さくて深いのでカラスが先ず疑わしい。それともハクビシンか?何れにしても悔しい限りだ。
 隣近所のスイカ畑では実に網を被せていたのを、密かに過剰反応と笑っていたのに、こっちがとんだ笑い者だよ。

 スイカは受粉してから食べごろに育つまで大よそ60日程かかるので、今から別の実を期待しても食べられるのは9月になってしまう。いっそ、蔓をはがして別の物を作るかどうか、悩ましい。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR