野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

エキナセア

baren.jpg
 秋は人を詩人にすると言うが、実は季節型の欝病と言うのがあって、特に秋や冬の季節になると多いらしい。
恋人と別れたり、病気になったり、失業したりなどと、はっきりとした憂いの原因が無く、秋になると訳も無くやる気を失う一方で、食欲は増して体重が増へ、気分はメランコリーと言う人は注意をすると良いようだ。
緯度が高い北の地方に多いので、どうやら日照時間に関係すると考えらている。
 
 予防は朝と夕方に1、2時間程、高い照度の光を浴びると良いらしいが、寝る前にパソコンや携帯電話の画面を見ないようにすることも大切だとの事。
液晶画面の光は、眠りを誘うホルモンのメラトニンの増加を妨げるらしく、寝つきが悪くなるそうだ。

 我が身を振り返ると、該当する事もあって少しヤバイ。朝から畑に出て、太陽を一杯浴びよう。
と、書きながら、宵っ張りで起床は遅く、昼過ぎに畑に出たのは良いが、草の一本も引かずに眺めただけで買い物に。
 畑ではエキナセアがそれを笑うかのように花弁を下げ始めた。

 今日の百姓一句
秋空に 花突き上げて 馬簾菊

 馬簾菊はエキナセアの和名 馬簾とは火消し纏の下についているヒラヒラした細長い布
エキナセアの効能は免疫力を高めて、風邪やインフルエンザを始めとして感染症を予防する。全草を乾燥させ、お茶や、煎じ薬に。
 癌の予防には大変良いのですが、抗癌剤の効き目を弱くしますから治療を受けて見える方は利用しないで下さい。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR