FC2ブログ

野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

山稼

inosika78.jpg
 5月10日から16日までは愛鳥週間という事で駆除活動はお休みとなり、遅れていた農作業に励んでおりました。
 休戦協定?も終わった17日に罠を掛けるや、頃よく雨が降ったり止んだりの天気となり、19日に猪、20日には猪鹿と相次ぐ戦果!
 ちょいと間を置いたからか、それとも歳のせいか槍の穂先が鈍り、猪を仕留めるのに少しばかり手間を取った。
 
 何れもそれなりの大きさで、近くに窪地を見つけて穴を掘って埋め、手を合わせて祈る。
 実家は曹洞宗だったので、南無阿弥陀仏とか南無妙法蓮華経の様に念仏を繰り返す習慣はないのですが、似た物として南無釈迦牟尼仏と唱えます。
 
 殺生をした自分への許しを請う祈りですが、人が生きていく為には誰かが汚れ役を引き受けなければならないのですよね。
 五木寛之の『孤独の力』を読んでいたら「はかなきこの世を過ぐすとて 海山稼ぐとせしほどに 万の仏に疎まれて 後生我が身をいかにせん」と『梁塵秘抄』の一文が載っていました。
 猟師・漁師・商人は「屠沽の下類者(「生きものを殺す者」、「沽」は「酒を商う者」)として差別され仏にも見放されて死んだ後はあの世でどうしようと悩んでいたらしい(^_^)
  
 律令制度で口分田に預からず、村落集団から外れた自由人がケガレを清める仕事や、外から集団を結びつける商業や遊芸に従事した人が非人の始まりですから、土地に定着して農業を営み農閑期に狩猟をする猟師は非人ではなく良民でした。
 ただ、人形浄瑠璃の元となったとされる、木の人形を使って占いや遊芸を行って流浪をする傍ら、狩猟を行っていた傀儡子は非人とされます。
 
 漁師も非人でしたが、古代の差別は弱者救済の意味もあって差別と利権が裏腹の関係にあり、琵琶湖の漁民は魚を税として納める代償に琵琶湖の漁業権と京での魚の販売を許されていましたし、八瀬童子は宮中に鮎を納める代わりに鴨川の鮎漁の独占漁業権を持っていました。
 京の町における葬送は、清水坂の非人が棺を担いでいましたが、天皇の棺はこの八瀬童子が担ぐ決まりとなっていたのです。
 昭和天皇の大喪の礼では「治安」を理由に現代まで営々として続いてきたこの例を破って皇居護衛官が担ぎましたが、平成天皇の棺は果たして誰が担ぐのか?
 
 非人の歴史に関しては網野善彦氏の本を良く読んだものですが、網野氏は絵巻物に描かれた風俗で髪を結わずに烏帽子を被っていない人を非人、被っている人を良民としていました。弓を手にして猟師と思われる人はしっかり烏帽子を被っています(^_^)
 
 昔は山賊が多かったので、旅や運搬で山道を行く人は護衛を雇ましたが、猟師がこの役を務めて、これの固定化が地方における武士の発生の一つになります。
 伊勢の国でも武家の中心地は関・長野・多気など主要街道の峠の下から始まっていますが、護衛の仕事が恒常的にあり、馬方や人足も多くて常備軍的要素が強かったからではないかと言うのが私の考へです(^_^)

 狩猟の事を今でも山立と呼ぶ事がありますが、山賊の事も山立と言いましたから、猟師はその時次第で護衛になったり山賊になったりしたのでしょう。切取強盗武士の習いと言いますからね(^_^)
 
 令和の御代でも猟師は腕っぷしと胆力は強く無いと難しい。いつまでやれるかな?
関連記事
スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

>近くに窪地を見つけて穴を掘って埋め、手を合わせて祈る

もったいないです
ほしいです
  • posted by hib50ari 
  • URL 
  • 2019.05/21 22:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

勿体ないとは思いますが、解体をする時間がありません。丸のまま引き取ってもらえるのなら上げますよ。
  • posted by  
  • URL 
  • 2019.05/22 06:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2019.05/22 16:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

四日市で罠猟だと内部川沿いが中心になりそうですね?頑張って下さい。
  • posted by  
  • URL 
  • 2019.05/22 20:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR