野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

茸の名は

926sika.jpg
kinokonoko.jpg

 この所、続けて猪が掛かっていますが、今日は久し振りに鹿が掛かっておりました。
 先日、釣り好きな人が尻皮にするので鹿の皮が欲しいとの要望を受けていたので、有害駆除期はダニの活動が活発な為に、専ら埋葬処理をしてきましたが、駆除期も最後になって解体です。
 
 私が山登りをしていた35年程の昔でも尻皮は話として聞いてはいたものの、山で実際に尻皮を腰に付けてみえる登山者は見かけた記憶がありません。

 尻皮は猟師や木こりさんなど山で働く人が冬に、雪の上に腰を下ろしても尻が濡れない様にと腰に獣の皮を下げる物で、登山者もそれを真似て冬山を登る際は尻当てに毛皮を下げ、雪を滑り降りる尻セードや休憩に使ったと言う話でした。
 
 間接的な依頼なので詳しい事は判りませんが、釣りの好きな人が毛皮の尻当てを下げて、やはりどこに座りこんでも尻が濡れない様にするのだそうです。
 
 今の鹿にはダニが一杯着いているので、これを殺す為に冷水に漬けるべく獲物を積んで源流へと向かいましたが、林道脇に写真のキノコが一杯生えていました。杉林の中ですし、杉茸は白い茸だと聞いていますがこれは杉茸でしょうか?
 
 山育ちですが、食べられる茸は松茸と椎茸、平茸にナメコ、それに編笠茸ぐらいしか判りません。この茸をご存じの方はお教え下さい。

 狩猟で山に行くことが多くなり、茸は沢山見かけるのですが、茸の知識が浅くて食べられるかどうか判らず残念に思っております。皆様のお知恵を拝借して少しでも茸のレパートリーが増えれば嬉しいのですが。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR