野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

激闘の末に

915.jpg
 前日の見回りで猪が掛かっていたのは判っていたのですが、生憎槍を持っておりませんでした。50キロオバーと思えたので、とても山芋堀で叩いて仕留める勇気は私にはありません。
 孫子曰く、朝は鋭、昼は惰、夕は帰。午後も3時を回っており槍を取りに戻ってまで仕留める気も起らず、明日出来る事は明日すれば良いとの性格もあって、、翌日に延ばし、準備も万端、戦意も高く早朝の出陣となりました。
 
 前の逆襲に懲りたので、今回は慎重に攻めます。普段は3mの槍に1mを繋いで4mにし、ワイヤーで括られた敵の攻撃内には入らずにアウトレンジアタック。
 
 しかし老いて腕も細くなった身には4mの先に重ね9ミリの菊池槍を付けた槍は重すぎて、動き回る猪を突くには狙いが定まりません。猪さんには気の毒でしたが、槍で刺すものの一向に致命傷を与える事ができず、長々とやり取りのあと出血多量でへたって来たところを、槍を短く持ち直して胸元深く槍を沈め、何とか仕留めました。
  
 今期有害駆除の最後の得物になるかもしれないので久し振りに解体をしましたが、予想通り脂はのっていません。10月になって猟が出来なくなったら燻製に取り組もうと思うのでそれで十分です。
 
 有害駆除は月5頭の6ヶ月30頭を目標にしましたが、何とかクリア。残り1週間でもう1頭欲しいなあ。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR