野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

収穫2つ

 先輩猟師より「ブルーベリーをいらんか?」と電話をいただき、行って見ることにした。
 自宅から2キロ程離れた能褒野の一角で、150坪の畑に100本程が植えてあり、秋晴れの空の下でいずれの木にも赤や濃紺の粒がたわわに実っています。
suzuberi.jpg
suzuberi2.jpg
 「インターにも近いし、観光農園にしたらええやんかな」と言うと、「大学生になる孫がネットで宣伝してやると言うてくれるけれど、手が回らんわ」との事である。それでも何本かの木に名札が掛かっているので「これは契約しとる木かな」と尋ねると、年間1万円で貸し切りにしていると教えてくれた。
 
 ブルーベリーが体に良いのは判っているが、ジャムを作る気にはならないので、明日援農にきてくるだろう健康オタク?のAさんの土産になる程度に摘んで畑を後にする。

 次に向かうは青い空を濃緑で区画する鈴鹿山脈の麓、我が猟場である(^_^)
先日、鹿が掛かった罠を、そのあと200m程東へ掛け替えたのだが、そこに早速メス鹿が掛かっていた。 前の田圃はこの2日の間に全て刈り終へられていたが、落穂でも狙ってウロウロしていたのだろう?
 鹿の埋設処理を済ませ、その罠を1.5キロ程東で集落間際の未だ刈られていない田圃の脇へ掛けなおしてきた。
 <9sikaw.jpg
 稲が実ったお盆過ぎから今日まで、言わば田圃を囮に小遣い稼ぎをさせて貰った様な物だが(^_^)駆除の面から考えると、この期間限定で良いから組織的に田圃近くへ罠を掛けると効果が上がるかも知れない?、
 猟師と農家で協力し、例えば、電柵から横へ網やトタンで、少し離した所へ誘導して罠を掛けるなど、色々と試してみたいものだ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR