野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

次期の準備

sukedan.jpg
 ヤフオクで落札したクレーンスケールが届きました。
軽いチェーンブロックは無いかとヤフオクを見ていたら、これがあったので「獲った鹿や猪の目方を量れるジャン」と5000円までなら出せられると入札したまま忘れていたら3100円で落札できました。送料を含めると4000円程です。
 新品だとその10倍はしますが、もう日本では製造中止の在庫限りでみんなデジタルになっていて値段も20万円前後する。
160キロまで量れますが、鈴鹿市の三宅町近辺ではそれでも針が振り切れる程の大きなイノブタがいるそうですから一度獲って量ってみたい(^_^)

 午後から自宅の罠を点検し、補充や補修の材料を集計して猟具屋さんに注文をしました。夕方には猟友会の班長さんへ来期の狩猟申請書類と諸費用を持っていきましたが、狩猟は何かとお金が必要なので困ります。
 特に大日本猟友会の会費が会員として受けるサービスに対して高すぎますね、私の罠猟だと県会費が4000円で中央が2300円です。それに政治資金が200円。県や中央ってなんであんなにお金が必要なのだろう? 県レベルで立派な事務所を構えて常勤職員を複数人置くほどの仕事があるのか? 一般会員にとっては理解出来ない所にお金が消えていく感じを受けます。

 会員は昔に比べれば激減しているはずだから、会員数に応じた規模に縮小し、会費を安くすべきだと思うのですがね。一般会員にとっては余りメリットが無いのに会費だけが高いと大日本猟友会の会員でないハンターが増えていく事でしょう?
 亀山支部では会費が余るので今年から支部会費は1000円値下がり3000円になりました。これが本当の姿ですね(^_^)
 インターネットが普及したので中央や県組織は不要になっています。現在だって県や市それに県警と狩猟家個人の連絡で実務は行われているわけですから。猟友会の役目はかろうじてハンター間で横の繋がりを保つぐらいだと思います?

 狩猟に使うお金は狩猟で稼がなければなりませんが、班長さんよりJR西日本からの関西線沿線の獣害駆除についても聞いてきました。やはり罠猟で亀山地区で500頭、柘植地区で100頭だったかを捕まえる計画だそうで、詳しくは9月6日に両地区に提出済のメンバーが集まって説明を受けるとの事でした。

 昨日、ジビエ亀山さんとも話したのですが、線路からどのぐらいの猟域幅があるかですね。地図を見ると片側2キロでも旧伊賀町や旧関町は殆ど入りますから、恐らくその旧町域全体を対象地区にする事でしょう?
 縄張り問題は上の方で話を付けて貰うとして、メンバーを25人と仮定すると一人当たり20頭、いけそうですね(^_^) 1頭8000円だそうですが、やはりこれも1割のピンハネがあるだろうから手取りは7200円。3月15日までとして半年走り回って144000円、やっすい報酬だねえ。猟場が遠くなるから時間もガソリンも食うから実入りは更に細る。
 
 漁師はニシン御殿など大漁で儲けた話は全国にあるけれど、猟師の金持ちは聞かないものなあ。大型獣はテリトリーを持ち、再生産には3~4年は掛かるから、獲れば獲る程に次の得物は級数的に難しくなり、最終的には0に近づくから猟師の金持ちは現れない。因果な稼業だ(^_^)
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR