野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

鹿しか獲れない

P7074328.jpg
P7094333.jpg
 猟はやはり冬こそ似つかわしいようで、汗だくの中で狩猟をする気が起こりません。
どうしてもサボリ癖がついて、掛からない罠を放置していましたが、一つ別の場所に掛けなおしたらそれに小さいながら雌鹿が掛かりました。罠に変化が無いのは獲物が通り道を変えたのであり、やはり掛からない罠はたえず別の場所に掛け変えなければいけないようです。
 
 出かける時に刃物を持っていないのに気付き、靴を脱いでしまってある剣鉈を持ってくるのが面倒だったので、近くにあった古い南常の筋引包丁を掴んで車に乗り込みました。
 獲れるとは思っていなかったからでもありますが、鹿を近くに落ちていた木の枝で頭を叩いて失神させ、この筋引を刺しましたが、スッと入って楽に死なすことが出来ました。筋匹を仕留めに使うのは初めてでしたが、刃厚があり、長さも9寸ありますから仕留めには十分使えますね。

 このところ、重装備で仕留め作業をしなければならない猪から遠ざかっている(^_^)
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR