野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

雨は降るけど

wasana.jpg
nuta.jpg
 梅雨に入り、鈴鹿の山にも雨はよく降るのですが、鹿も猪も死にません。
先月前半までは鹿が良く獲れて、6月の有害獣駆除は鹿が5匹でしたが、それも16日を最後に獲れなくなりました。
 恐らく、気温が高くなって植物の成長に伴い獲物たちの求餌行動も変わって、行動域の変更から従来の獣道に掛けてある罠には掛からなくなったのでしょう?

 亀山市猟友会では銃猟優先で犬が罠に掛かるのを嫌って括り罠は3基しか使えません。ですから、コマメに罠の掛け替えをするのが捕獲のコツで、掛けて1週間以上変化が無ければ次の場所に移動しておりましたが、それを怠っているのも獲れない原因の一つではあります。
 
 そして何より、鹿や猪はテリトリーを持ちますから、他地域からの移入が無いとすると、一定地域の獲物は獲れば獲る程、3基の罠への遭遇率は逓減し、獲物は掛からなくなります。

 ともかく山を歩き回り、新しい獲物の足跡を見つけて小まめに罠を掛け変えるしかありませんが、気温の高まりに反比例して狩猟の熱が冷めていきます(^_^)

 写真は5月に鹿を獲った獣道の手前に罠を掛けたものの、全く通った様子の無い罠と、その先にあるヌタバだが、近頃は使った様子が無い。獲物は何処?
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR