野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

熊野行

kumasisi.jpg
 今日は随分と久ぶりに熊野へ行ってきました。写真は七里御浜と獅子岩です。
 と言っても観光でなく、薬草苗の配達です。まあ遠くまで配達する程の量ではありませんが、ちょいとばかり南へ行きたかったので悩んでいたところ、若い方が薬膳に取り組みたいので薬草栽培をしているとの事で、熊野行。自宅から客先まで2時間半と、高速道路が出来て随分と行きやすくなりましたね。

 畑を拝見させて貰うと、幾種類かの薬草が一緒くたに栽培されていたので、薬草には南方系と北方系、湿気を好むものと乾燥地でないとダメなもの、陽当たりを好む物と、日陰で無いとダメなものなど、適地があるのでその土地にあったものを絞って栽培し、他に必要な物は仕入れた方が効率的であると説明をしました。
 そして道の脇にツボクサが沢山あるのを見つけたので、これを中心に南方系の物を栽培すれば良いのではと私の考えを述べて熊野を後にする。
 
 次なるミッションは南伊勢町まで戻って、カギカズラの採取です。昨年の今頃に採取して挿し木をしたのですが、全滅したので再度の挑戦。前回は探すのに苦労しましたが、今年は前回見つけた所へ一直線。
 しかし雨が降ったり止んだりの蒸暑い中を紀州の谷で茂みに入るのにはかなり勇気が必要です。ササッと大きな蔓を2本切って投げ落とし、茂みを出ようとするとズボンに大きな蛭。軍手を嵌めた手で叩き落として、涸沢で蔓を回収後ただちに撤収。道路まで戻って靴を脱いだり、ズボンや襟元を捲って蛭が入ってない事を確認して車に乗り込みます。
  
 年寄りにはちょいと厳しい全行程300キロの遠征でしたが無事に帰宅し、カギカズラの穂木を作ってメネデールを入れた水に漬け、明日は挿し木をする予定。今度こそ活着して欲しいな。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR