野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

梅雨が来る前に

thata1.jpg
thata2.jpg
sobasana.jpg
 明日から梅雨入りの天気予報を受けて、今日は朝から必死の農作業。何とかツボクサの植え付けを2畝、蕎麦の種まきを3畝済ませる事が出来ました。
 2枚目の写真は6月3日の写真で御覧の様に荒れ地でしたが、その前に右半分の草刈りをしていたので延べ5日で何とか作業を済ませて雨を待つばかり。後は雨の合間にモミガラを敷こうと思います。
 
 ツボクサは越冬に失敗して壊滅状態でしたが、何とか残った物から93ポットの苗を作り植え付けを済ませました。たぶん秋には一面にワサワサと生えている事でしょう?
 丁度1年前に広島から苗を頂いてきたのですが、また最初からのスタートです。エジソンの「私は実験において 失敗など一度たりともしていない。この方法ではうまく行かないということを発見してきたのだ」ではありませんが、多くの「うまく行かない」発見をしました(^_^) 今度こそ上手くいくだろう?
 
 蕎麦は援農にきてくれるAさんが蕎麦の灰を肥料にしたいとの事で、尾張北部の種屋さんで買ってきました。春蕎麦には1月遅いのですが、実を収穫する訳ではないから良いだろうとの考えです。蕎麦を作るのは初めてですが、蕎麦って窒素の施肥は不要でカリとリン酸を僅かばかりで良いのですね? 焼き畑農業で蕎麦を作るのは実に理に適っている事を驚きました。
 
 梅雨の合間にまだまだ幾種類もの苗の植え付けをしなければなりません、それに草取りも追いかけてきます。ま、いまの所お金は出ていくだけで誰にも期待されない仕事なので慌てる事はないのですが。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR