野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

最後も鹿

s531.jpg
 今日は有害鳥獣駆除の5月分活動報告書を猟友会の班長さんへ提出。
 今月の報告は昨日の31日に鹿を一頭加える事が出来て猪1頭、鹿4頭で合わせて5頭だ。本当は猪をもう1頭捕まえているけれど、捕獲は17日でも掛かった日は16日で愛鳥週間に罠を掛けたままにしたと猟友会の会長が至極ご立腹との事で報奨金の数に加えるのは自粛した(^_^;
 
 班長さんの言う所では来年は有害駆除のメンバーから外すとまで言っているそうだが、果たしてどうなる事やら(^_^)
 愛鳥週間に、鳥の体重では作動もしない猪や鹿の括り罠を放置しておいた事が大きな問題だそうだが、それでも地元では住民が参加してにっくき猪を目の前で退治したと言う事で、大いに話題になったらしい。
 
 私は事故を招くといけないので、普段は一般の人が目につくような所に罠を掛けないのだが、あの罠は掛けた所の近くの人より家の下が鹿の住処になっていると言われて掛けたところへ猪が掛かったものだった。今期は調子が良いのも、故郷である集落の人より「××に〇〇が居る」と言う情報を得て、そこへ通じる獣道へ罠を掛けているので掛かる率が高くなっている。
 
 市内では自治会が地区住民に狩猟免許取得の補助金を出している所もあるそうだが、免許を取得したからと言って簡単に鹿や猪が獲れる訳でもない。経験豊かな猟師と農家が協力して罠を掛ければ有害獣駆除の効果がより一層上がる事は間違いないだろう。法に触れず危険を伴わない部分で住民を参加させれば、雄として本来持っている狩猟本能を満たすので結構楽しんで貰える(^_^) ともかく、個人で故郷を舞台に実験してみよう。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR