野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

猪哀歌

P4224141.jpg
 罠の見回りに山へと向かうが、春の陽は雲に隠され、萌える新緑もどこか精彩を欠く。
 谷筋を降りると、罠を掛けた辺りに土が散らばっている。姿は見えないが猪だ!ピンと張ったワイヤーの先を見ると、小柄な猪が自分で掘った穴の底に潜んでおり、更に近づくと健気にも穴から飛び出してこちらに突撃してきた。

 有害鳥獣駆除が始まってから半月は全く掛からなかったのに、罠を掛け変えてから次々と掛かる様になった。始めは獲物がテリトリーを巡回する見晴らしの良い尾根筋に掛けていたのだが、新緑の季節になると巡回路も変わるのか掛かる気配が無かったので、水辺へと罠を移動したのだ。

 その狙いが当たって目標の3頭を超えて4頭目となり、そのうち雌鹿が1頭なので報奨金が34000円、1割の手数料を引かれて30600円になると獲らぬ狸ならぬ、猪の皮算用を弾く(^_^)

 それには写真と尻尾が必要なので、車に戻って武装を整へ仕留めの作業。鹿や小さい猪は事前の工作はしないが、小さくとも敵は、ワイヤーを引っ張って何度も突撃してくる。
 しかし、若い猪は老獪な猟師の敵ではない、横腹を見せた一瞬を逃さず槍を繰り出すと、見事に脇腹へ刺ささり、一突きでまもなく息絶えた。
 緑の葉を血で染めて果てる若い猪を見て哀れを催すが、これもさだめ。

 ♪一の谷の 軍 破れ 討たれし平家の 公達哀れ
 新緑の谷底で念仏代わりに「青葉の笛」を歌って猪を弔う
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR