野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

猪が掛かった!

ino421.jpg
 西の方に行く用事があり、それが済んで帰る途中に「遠回りになるが罠を見て帰ろう」と思い立ったので、山道にハンドルを切りました。先日獲れた処ではさすがに罠の変化は無かったのですが、次の場所で罠に近づくとワサワサとスズタケを揺らす音がします。
 「鹿が掛かっているな?」と近づくと、突然に猪が飛び出してきたのでビックリ(^_^) 鹿は近づくと逃げようとして木を揺らすのですが、猪は罠に掛かると自分が作ったクレーターに静かに潜んでいる場合が多いのです。

 ただし、一定以内に近づくと猛然と攻撃してきますから、今回は鹿だと思って不用意にその警戒ライン以内に踏み込んだので突然の反撃を食らったのでしょう。この写真を撮った位置にきて手荒なお迎えを受けたのですが、大よそ2~3mで撮影する間も常に突撃してくるので、おっかなびっくりです。
 
 さて、どうするか、時間は2時過ぎで、予定外の行動だったので未だ昼ご飯は食べていない。猪の大きさは40キロ前後の中型の猪ですが、そのつもりでは無かったので、槍の準備をしていません。刃渡り15センチの骨透き包丁が車に積んであるので、頸動脈を切れば仕留める事は出来ますが、スズタケを踏みしだいて自由に動き回る猪を、その辺で枯れ枝を拾ってゲバ棒にしこれと対峙して倒す勇気と技量を私は持たない(^_^) 前回は鹿だから出来たのであって、牙を剥いて突撃してくる猪を打ち倒すには怖すぎる。

 結論は「明日にしよ」と日和見主義に決定。明日にすると逃げられるかもしれないが、猪を倒しても市から出るお金は8000円で、そのうち1割を猟友会に取られますから手に入るのは7200円です。危険を冒してまで手に入れようとするには少なすぎる額だし、帰って食事をし仕留めの支度をして戻ると、仕留めの時間やその後の事まで考慮すると、出直すには遅すぎます。

 しかし、槍で倒すにも難しそうです。現場は狭い谷の川岸で、地形的に下側から攻撃する事になり、御覧の様にワイヤーが絡む立木がありません。もちろん身を隠す木も無い。手ごろな雑木か、少し離れた所に孟宗竹があったので、細いのを探して切り、それを投げ込んでワイヤーに絡ませて動きを狭めるしか無いだろうと思います。

 果たして明日はこの猪を倒す事は出来るのか? 乞うご期待(^_^)
関連記事
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

おめでとう、ございます。

ほどよい、大きさですね。

出来ましたら、オス・メスの確認をお願いします。
  • posted by 独眼竜 
  • URL 
  • 2017.04/22 19:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

ありがとう。めすでした。
  • posted by  
  • URL 
  • 2017.04/22 22:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR