野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

4月1日有害鳥獣駆除解禁

yamanomichi3.jpg
 今日から有害鳥獣駆除の解禁とあって、雨が上がるのを待って山へと向かいました。
 うーん、山の中に佇むと気分が清々しくなります。
 
 釈迦を始め、日本でも役小角や空海など、森林の中に神性を見出していましたが、煩悩の塊みたいな我が身であってもどこか心が洗われる気持ちがします。そのあとすぐに殺生をするための罠を掛ける訳ですから誠にもって罰当たりな爺さんですね(^_^)
Pstajuniti.jpg
 罠は3基なので直ぐに掛け終わり、関の畑に向かいましたが、こちらでは春草が一斉に芽吹いております。
 写真は芍薬の小径と名付けている所で、赤い芍薬の芽が雑草と成長を競っており、左側が薬用成分基準を満たす様々な観賞用芍薬の畝で右側が白い梵天と呼ぶ薬用芍薬の畝です。
syakuyakuj.jpg

 立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花、と美人の形容にも例えられる程に美しい花を着ける芍薬ですが、薬用にする場合は花を咲かせると栄養が花に行ってしまい、根の薬用成分が基準に満たさなくなると言うので、セオリー通りに蕾を着けると花軸を切り落としておりました。

 伊藤グリーンさんから、栄養は結実する時に取られるので、開花させても種を着ける前に切り取れば、薬用基準は満たせるから花を咲かせていると聞きましたから、うちも今年は花を咲かせてみようかと思います。
 
 それでも殆ど白い弁天なので見栄えはイマイチだろう(^_^)
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR