野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

山渓早春

kawayaman.jpg
 今日も山へ行く。里に掛けてあった罠を一つ奥へ掛け直した。
 相変わらず獲物は無いが、それで良いのである。美しい風景の中に入り込んで、どう獲物を罠に掛けようかと獣道を辿るのは楽しい。獲れる獲れないは山の神の思し召しであり、次は獲れます様にと手を合わせた。
 豊かとは言えないかもしれないが暮しに困る事は無く、誰にも強制されずに自由な時間を過ごす。今が人生で一番幸せな時なのだろう。この幸せを支えているのが健康であり、それには必ず限りが来る。
 ダラダラと遅くまでディスプレーを見ながら飲む酒を少し控えないといけないな。和漢天竺の妙薬を合わせた秘酒(^_^;だが過ぎたるは何とやら。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR