野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

今日も空振り

1wanasio.jpg
 畑で春の準備をしなければいけないのですが、風が冷たいので今日も日和見です(^_^;
 ウダウダと過ごしておりましたが、せめて体は動かそうと2時過ぎから重い腰を上げて罠の見回りに。
 しかし、掛りませんねえ。2か所で空弾きがあっただけで、獲物を括る所まではいっておりません。

 まあ、鹿や猪も命懸けですから簡単には掛からないでしょうが、それでも今年は特に獲れない。
 先日、猟友会の会長に今年も有害獣駆除メンバーへの参加をお願いしたのですが、やはり銃猟でも年が明けてからは簡単に獲れなくなったとの事です。

 写真は私が掛けている罠ですが、2種類を自作しております。何れも直系12センチ以下で、三重県はその規制を外れたので大きな罠も掛けられるのですが、大きくなると掛り易くなりますが、締る時間も長くなって逃げやすくもなる為に大きさは従来通りにしています。

 これで昨期は猪12頭、鹿16頭を捕まえましたが、今期は今日現在で猪8頭と鹿8頭で、狩猟を始めて4年目で初めて前期を下回りました。
 狭い地域で罠を掛けていたので居付きの獲物を獲ってしまい獲物の数が少なくなった事と、逃げた獲物が罠を学習してなかなか掛らなくなったと言う2重の苦難を受けています(^_^)

 獲れなくなったのは残念ですが、そもそも狩猟は薬草畑を荒らす猪に腹を立てて「捕まえてやる!」と始めたのですから、数が少なくなった事は喜ぶべき事なのですよね(^_^)
 
 薬草と言えば、熊の胆ならぬ猪の胆を未だ取っていません。大きな猪を獲って解体の時に胆嚢を取りだし、ぶら下げて乾燥しなくてはいけないな。
 市販の熊の胆の多くは牛や豚の胆汁にリンドウや黄連など苦味の植物性の生薬を混ぜた物とか、中国で生きている熊から胆汁だけを取りだしているのだそうですね?
 国産の熊の胆の本物だと5gで5万円以上! 効き目は低くとも自分で捕まえた猪の胆嚢で我慢します(^_^; 
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR