野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

摺上

2ken.jpg
pken2.jpg
 今日は朝から霙で寒く、とても外へ出ていく元気が湧きません。そこで先日、竹竿に付けて猪を仕留めた剣鉈を研ぎ始めたのですが、黒打ち仕上げの所に幾つかの傷が付いていたので、思いっきり磨きに変更しようと、荒砥石で黒皮を剥がし始めました。
 黒打ち仕上げは荒っぽさが売りですから、表面が凸凹している為に砥いでも砥いでも美しくならず、そのうちに手を切ってしまったので途中で止めました(^_^;

写真は前に撮った黒皮付の時と今日の姿です。やはり磨きにする方がアブナイ感じが増しますね(^_^; 問題は砥ぐ事で銘が消えそうになる事でしょうか? この剣鉈は刀匠が打った物がわずか5万数千円で買えると評判になったのですが、銘を消すと2束3文だろうな(^_^)

 長さが30センチあり、腰に下げて持ち歩くには長すぎて殆ど使用しませんが、ご覧の様に両手で使える長さの柄なので、竹に括り易かったから槍に使用しました。刃幅があるので殺傷能力が高いのは、失敗したと思ったのに倒れた先日の通りです。

 次の写真は21センチで仕留めにはいつも腰に下げている剣鉈です。上がメインに使っているレッドオルカの実用甲伏せ7寸で、柄をオイルステンで着色し、彫刻刀でチェッカリングをつけました。  4万円前後で売られていましたが、今は甲伏せは高額商品ばかりで実用甲伏は売られていない様です? このチェッカリングを機械で彫り名前を変えて税込み6万円。秋友義彦さんがお歳で量産できないから装飾して単価を上げているらしい(^_^)
 上記の剣鉈が軟鉄に鋼を挟込んだ物に対して甲伏は逆に軟鉄を芯にして3方を鋼で囲み、強度を持たせながら薄く作ってあります。

 その下は引退した猟師から譲り受けた土佐義光と銘打たれた初期形式の剣鉈です。高級鋼入と打たれていますが、薄くするための特注品で全鋼です。
 今は狩猟者が一般的に使用している剣鉈ですが、実は昔から使われていた訳ではありません。映画「ランボー」が世界中でヒットし、スターローンが使っていたサバイバルナイフの人気が高まり、刃物商社が林業刃物の生産地だった土佐で作らせ、世界中に輸出されました。
 これを国内で売ろうとしたのですが、大型ナイフは銃刀法の規制があるので、先の尖った鉈=趣味の刃物ではなく生活の道具として取締の目を潜り抜けました(^_^)ですから柄の付け方は鉈と同じ形式で形もへの字になっています。

 これが猟師にも広がり、今は刺突しやすい直刀で鍔も付けられる様になりました。しかし、警察による鍛冶屋さんへの指導はあって、反りを付けてはいけないとか、ハバキはダメ、剣に似せた過剰な装飾はいけないなどの内規があるそうです?

 一般的な鉈は1万円もしませんが、先が尖っているだけで剣鉈は安い物でも1万円以上はします。仕留めをするだけなら刺身包丁や大きめの出刃包丁でも可能ですが、そこはやはりロマンが欲しい(^_^)
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR