野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

狩猟解禁

sikahone.jpg
 今日から11月。当地では猪と鹿の解禁で、云わば猟師の正月みたいなもので、これから3月15日までが狩猟シーズンとなります。
でも今年から有害獣駆除の仲間に入れて貰ったので、3月の半月と10月の合わせて45日間を除けば1年中狩猟をしていた様なものですが(^_^)
そんな訳で、今日は昼から罠を掛けに山へ入り、10基の括り罠を仕掛けてきました。明日も山へ入る予定で、大よそ20基程の罠を掛ける予定です。
 
 さて、獲れるのか? 昨年は猪12匹、鹿16匹を掴まえました。しかし、鹿は殆どを埋めて、猪も半分は丸のまま何人かの知人に差し上げていますから、今年は狩猟は少しセーブして農作業に精を出す予定(^_^;
 薬草畑をを荒らす猪を退治しようと始めた罠猟ですが、すっかりそちらに嵌ってしまい、猟が始まると肝心の畑は放ったらかしとなります。括り罠猟は銃猟のような派手さはありませんが、山へ入って足跡を探し、広い山の中で、如何に狭い罠の中に足を入れさせるか、釣りに似た楽しみがあります。そして罠に掛ったら、鹿は金棒で猪は槍と山刀で仕留めますから文字通りの真剣勝負(^_^)となり恐怖と緊張、そして倒した時の達成感が溜らないのですよね。
 
 例年だと解禁から12月初めまでは獲物が掛り、それを過ぎると獲物が減るのと大勢の猟師が何度も巻狩りをして獲物が山奥へ逃げてしまうので、あまり掛らなくなります。食べてみたいとのご要望もありましたので、何とか早く美味しい猪を仕留めたいものです。ただ、週間天気予報を見ると、当分は雨が降りそうにないのが気に掛る。
 
 写真はこの間、使われていない山の池から引き上げてきた雄鹿のスケルト・トロフイーです。こんな角は3年間で初めて(^_^)
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR