野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

ジャスミン

jasimin.jpg
  今日は自宅の庭の草取りや片付けを行う。
季節的には良くないが、挿し木をしてみようと思うのだ。
今からでは根付いた所で落葉の季節になるので難しいだろうが、
春や梅雨の適期にできなかったので、ダメ元で挑戦してみようと思う。

 場所を空ける為に、挿し芽をしてあったステビアをポットに移植していると、後ろかな仄かな香り
振り向くとジャスミンが花をつけていた。
初夏に花をたくさん付けていたはずだが、長々と咲き続けているようだ。
 
 花を摘んで、精油を取ったり、お茶に臭いを移してジャスミン茶にするが、我が家ではそれ程には取れないだろうし、小さな花を集めるのは大変な作業なので、花を眺めて臭いを嗅ぐだけにしている。

 ジャスミンの香りには催淫作用があるそうだが、花から抽出する精油はとても高い。
自分で育ててみてはどうだろうか?
栽培は簡単で、背は高くならないが、横にドンドン広がっていく。

 しばし、ジャスミンの香りに浸っていると、どこからか鉦の音。

 今日の百姓一句
団地にも 鉦の音する 盆の昼

         薬草・ハーブ栽培 鈴鹿山麓 自然生村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR