野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

猟友会支部総会

rekai.jpg
waga.jpg
今日は猟友会の支部総会があったので行ってきました。
会員数は65名ですが、出席者は30名で来賓が3名です。豊田織機テストコース用地の有害獣駆除で640万円が動いている他に、有害獣駆除費で384万円が支払われるなど総支出額が1345万円と大きく、会員の一部にはかなりのお金が入っている事が伺えますが、私は9100円だったかの会費を払うのみ、なーんの余禄もありません(^_^)
 
 昨日は南部地区の自治会からの依頼と言う事で、括り罠を仕掛けてきました。久し振りに必殺仕掛人ですが、近ごろは全然殺してないなあ(^_^;
写真はその帰りに和賀から写した、我が亀山の原点です。真中よりやや上の田圃が尽きる所に横一列に鈴鹿川が流れ、その向うの高い所の右端から更に右へと市街が続いています。
 
手前3本杉の真中の先辺りの台地上に縄文遺跡があり、恐らく鈴鹿川を遡行してこの地に人が住み着いたと思われます。3本杉の左端辺りに弥生遺跡が有り、台地から水際に降りて稲作を始めた様です。そして有史時代に入ると、3本杉の右端右上のこんもした所に忍山神社が作られヤマト政権の東国進出への拠点になり、倭姫命が天照大神の仮安置所にしたり、ヤマトタケルがそこの支配者であった穂積氏の娘、弟橘媛を連れて東国へと進み、その帰路にここより数キロ北北東で亡くなります。
 
 亀山の地名はこの神山に由来し、中世になってここへ関氏が亀山城を築き、神社は現在地へ移りました。
 更に近世になって移された亀山城や今の市役所も写っているのですが、判りませんね。そして数十年後に同じ角度から写真を撮ればリニア中央線の亀山駅が写るはず?
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR