野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

ハンシレン収穫

hansire11.jpg
 はっきりしない天気が続き、農作業は遅れに遅れています。
1昨日は晴れ間を利用して写真のハンシレンを一部を刈り取りました。うちの乾燥機の能力では何回にも分けて収穫しないと乾燥できません。

しかし、そもそもお茶にしたところで、一人で飲む量はしれている為に、結局は古くなったら捨てると言うパターンになるのですね。だから刈り取るのも一部だけで後は放置ですが美しい紫の花が咲きますから、景観植物としてご近所の方に楽しんで頂いています?
 これを関の畑に移植して一面の広い花畑にしようと計画していますが、来年は実現するかな?

 ハンシレンは元々漢方では止血や痛み止め、解毒の効能があるとして外傷や鼻血、吐血、下血、肝炎、化膿症などに用いられていましたが、中国で経験的に癌に効果があると知られるようになり、学術的裏付けはないものの、日本でも癌の治療や予防に広く用いられるようになり、保険外治療で使う病院も出ています。
 
 これの良い所は厚生労働省の食薬分類で薬指定を受けていないと言う事ですね。薬としての効果を謳わなければ食品としてお店やネットで販売できる訳です。問題は煮詰めると苦くて食品としての魅力に薄い事でしょうか。しかし粉末にし小麦粉へ混ぜては癌予防の菓子、蕎麦粉に混ぜ癌除け蕎麦(^_^)など、大きな可能性を秘めています。

 私は各種薬草を育てるのが精一杯で、栽培品の販売や利用までは手の回らない状況ですが、これを活用できる良いアイデアを募集します。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR