野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

亀山ラーメン

kamerade.jpg
kamado21.jpg
hata12.jpg
 寒い日が続きますね。そんな中で寒風に吹かれて今日は畑仕事。11月に狩猟が解禁になり、すっかりご無沙汰をしているので前に作業をした日を忘れる位の久し振りですが、そろそろ猟から農へスイッチを切り替へねばなりません。

 今日は畑へ行く前に、コンビニで弁当を買うのではなく、スーパーに寄りました。目的はコレ、サッポロ一番の亀山ラーメンです(^_^)カップ麺を家で食べると女房に叱られるので、コッソリ外で食べるのですね(^_^;

 ちなみに、カップ麺蓋のモノクロ写真は関宿で、判りにくいけれど中央に写っているのが地主さんのお店でして、借りている畑は左奥30メートル程にあります。

 畑に着くと草の山を見ては途方に暮れますが、ともかく取るしかありません。しかし家を出るのが遅いので、草取りを始めて1時間もしないうちに町中には「恋は水色」のチャイムが高らかに鳴り響きました(^_^;

 いよいよ亀山ラーメンを作る訳ですが、地元サミットを記念したラーメンに相応しく(それが何で亀山やねん)、1昨年にネット販売で衝動買をしたサンキョーの鋳物かまどを初めて使います。3万数千円もしたのですが、使う事も無く畑にビニールシートを掛けて置いてたら下の方が地中の湿気で錆びてしまい、上部は一発で煤に燻されて真っ黒になりました(^_^) ヤフオクで落札した業務用の大きくて厚い餃子鍋を掛け放熱板にするとストーブへ変身?
 
 載っているやかんは天正15年に秀吉が催した北野大茶会の折に千利休が初代淨益に作らせたという利休型腰黒薬缶、これまた野立ラーメンに相応しい道具ですね(^_^) 
 燃料は畑の残滓を燃やしましましたが、残った草木灰は畑に撒くとカリウムを主としたミネラルを多く含んで良い肥料になります。

 肝心の亀山ラーメンの味は? 働いてお腹を空かせば何でも美味しい(^_^)
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR