野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

猪の解体

sanzokudai.jpg
  今日は先ずコンビニで弁当を買ってから罠の見回り。幸か不幸か罠に変化はなく、雨上がりの明後日に期待です。
そして昨日獲物を漬けた「山賊の調理場」と名付けている秘密の河原へ(^_^)

  写真がその場所で、車の見える場所の下がプールになっており、そこへ猪を沈めていました。
 7~80キロはありますから、川に落とす事は出来ますが、独りで動かすのは難しいので、先ずはチェーンブロックを据え付けます。これは特注品でチェーンが5mもあり、イノシシの足を括ったワイヤーにフックをかけてジャリジャリとチェーンを引っ張ります。

 そして吊下げたのが写真の姿ですが、脇の白いのは、皮を剥いた後、下に敷いて俎板に使う炬燵テーブルですが、長辺が大よそ120センチ程ですから、イノシシの大きさも判る事でしょう。

 罠猟を始めた最初は、人の目に付かない様に夕闇に紛れてコッソリと自宅へ獲物を運んで解体をしていましたが、流石に住宅団地で人目につかないようにこんな物を運び込むのは難しいので、この場所で皮むきをした後大きな部位に解体して自宅に持ち込んでいます。

  結局、4時頃まで掛って大きな部位に分け、その半分を配りながら自宅に戻りましたが、罠は掛ける時と見回る時は楽しいのですが、実歳に獲物が掛ると後が大変です(^_^)
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR