野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

又もや猪2匹

yabuino1.jpg
yabuino2.jpg
miyaino.jpg
既に陽は昇っているはずだが、今にも泣きだしそうな雲に隠されて薄闇の残る道を山へと向かう。
朝飯前の散歩のつもりなので手早く罠を回るが、やはり雨が降りそうなせいか野獣たちは活発に動いており、3つも罠が空撃ちをしている。
一つぐらい掛っておれば良い物をと独り愚痴りながら次の罠に近付くと笹薮が乱れている。更に寄ると笹竹の中に何やら灰色の塊が蹲る、鹿か猪か? ザザッと笹を揺らして飛び出したのは大きな猪! ワイヤーが笹に絡まり力を吸収しているので逃げはしまいと次の猟場へ向かう。
 昔、小学校へ通った廃道脇に掛けた罠へ行くと、近づくまでもなく赤土が溢れている、こいつは猪だなと思うや猪が顔を出した。 成獣の猪が2匹! とても朝飯前に片付けられる仕事ではないので、ここもそのままにして一旦帰る事にする。

 少し遅い朝食を食べながら、さてどうするか? 昨日、先日の子猪を小分けしたばかりである。女房が知り合いに配ってはいるが、小さいとは言へ連続の猪なので未だ冷凍庫には沢山の肉がある。
 
 1匹はジビエ亀山さんに貰ってもらおうと電話をすると「今、**に来ているのですぐに行ける」との事。待ち合わせて先ずは笹薮の猪へと案内し、笹で殆ど動き回れなくなっている猪なので一瞬槍を使おうかと思ったが、銃の助っ人を頼んでおきながらそれは失礼だろうとそのまま現場へ。

 ジビエ亀山さんは「あれから帰って調べたら照星が狂っとったので直した」と言って空気銃を取りだして猪に狙いを定め、プシュッと1発、しかし猪にお変わりはない。射手はさらに猪に近寄り、突撃してきた所を眉間に1発、今度はイノシシがドウと倒れた。空気銃では猪の額を貫く力は無いだろうから、脳震盪を起こしていると思うのだがすかさず頭を踏んで喉に剣鉈を突き刺した。

 次の場所へ移ると猪は元気に跳ね回っている(^_^) 下から攻める形になるので危険な為に、私は斜面を登り横に構へるやいなや、ジビエ亀山さんが今度は1発で猪を斃した。蹴結構動いていたが、強引に頭を踏んで胸を一刺し「イヤここ」とジビエ亀山さんが指さす所を更に深く突いて抉ると、傷口から滝のように血が流れだした。

 せっかくの機会なので、何かを学ぼうと失礼は承知で内臓の出し方の教えをお願いすると快く了解して頂いた。内臓を埋めるのに丁度良い窪地脇まで猪を引きづり、鍬で更に穴を掘る。独り外で腹を出す時はこうすると両脇に石を置いて腹を上にして喉から尻までを剣鉈で裂き、胸骨というのだろうか?胸の骨の部分と骨盤を鋸で切られた。そうしておいて喉元で食道を切り、それを強引に引いて半ば内臓を出しておき膀胱を傷つけないようにと、掌で脇に追いやって肛門辺りを切り、僅かな間で内臓を一体として引き抜く技は見事だ。
 
 ジビエ亀山さんの話によると、その後水に漬ける地域と漬けない地域があるそうであるが、当地では水に漬けるのが一般的なのでそこで別れて私は更に山奥へと向かうが、滅多に車は通らない秘密の場所なのに(^_^)作業の最中に三河ナンバーの小型車が来た。車を脇に避けると黒人が降りてきて「ココイケマスカ?」と奥を指さし、助手席を見ると同じような黒人男性が座っている。このまま行けるが道に突き当たるのでどこへ行きたいのかを尋ねると、それには答えず「ドチラデモ」と言って走り去った。

 地元民以外は滅多に通らない山道をレジャーとは思えない、スラリとした黒人男性で何故か北アフリカの人ではと思った2人組である。狭い林道とは言へ、1号線と新名神の間を走っており、監視カメラを避けているのではとも思える奇妙な車で、その昔ならさしづめ関所破りだな(^_^)

 独りでは引きづるのも大変だが、何とか斜面を滑らせて清流の底に猪を沈めた。明日は大仕事だぞ(^_^)
関連記事
スポンサーサイト

Comment

はじめまして。 

 返事を頂けるか分かりませんが書きます。私は今回の猟期で20回も空打ちしています。踏んでいるのに掛からない。或いは罠を出されているとかです。

 最近、何故掛からないのか考えたのです。私は塩ビパイプを垂直に、圧縮したバネを仕込んだタイプです。自作です。それを穴を掘って仕掛けます。罠を固定するためにペグを穴の側面に塩ビパイプを挟む形に打ち込んで固定しています。

 シシが踏む所は野良爺さんの様に円形の木枠が無いバージョンです。
 穴の直径にならず、半分位しかトリガーがありません。

 多分原因は罠の固定方法(空ハジキの時、罠がペグと穴の側面との間で回転してしまっている)

 トリガーはやはり穴の直径位あった方が良い?ですかね?

 昨年は野良爺さんのように木枠の踏み板をトリガーにくっ付けたのですが、穴の途中で引っかかりワイヤーがその踏み板を括っていたので、良い印象がありません。

 野良爺さんはどの様に仕掛けていますか?丸い木枠が穴の底に落ちる位に大きく深く掘っていますか?

 罠の固定方法はどのようにしていますか?
  • posted by 猟師3年目 
  • URL 
  • 2015.12/07 22:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

罠は12月1日の写真の物を使って居ます。空ハジキを防ぐには、獲物に罠の真中を踏ませるように工夫するのが一番の対策だと思いますが、なかなか簡単にいきませんね(^_^)
  • posted by 野梵 
  • URL 
  • 2015.12/08 11:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR