野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

やっとイノシシ

zannne1.jpg
inokoko.jpg
skasissika.jpg
 昨日の雨も夜明け前には止み、空は所々に青空が覗く。
濡れた木々の間を縫って罠を見回るが、足跡も無く獣たちも雨は休みのようだ。5つ目の罠に近付くと笹が倒れて土の露出が見える。イノシシだ!と思うのも一瞬で、その姿は無く罠だけが無様に横たわり、暴れている間に足が抜けて逃げられている(-_-

 場所も変わって幾つ目かの罠で、小さいけれどイノシシが元気に跳ね回っている(^_^) 今季初めてのイノシシだ! 証拠写真も撮り終え、さてこれをどう始末するか。小さいので山芋堀の一撃で倒す事とし、動き回るので八双の構へでにじり寄るが、小さいながらもイノシシでこちらに突撃してきて狙いが定まらない。
 それでは保定器の出番と、ワッカを引っ掛けようとするが上手くいかない、それでも2回目に後ろ足を引っ掛けたので、ワイヤーを力一杯絞って立木に括りつけた。2点保持なのでそれなりに動くが、イノシシの頭目がけて山芋堀を振り下ろすとスカッ、避けられた(^_^) 気を取り直し、大きく踏み込んで振り下ろすとゴンと頭を叩いたが、さすがイノシシ倒れない。動き回るイノシシに2発目を喰らわすと、バタと倒れて痙攣を起こし始めた。すかさず頭を踏みつけて喉に剣鉈を突き刺して抉ると、ドピッと音もしようかと思う程に血が噴き出し、たちまち濡れた地肌に血溜まりを作る。

 頭を下にして次の場所に向かうと、ここでも罠は正常に作動して足を括っているが、足から外れて逃げられている! 土が掘られてないので、逃げたのは鹿だろう。2つとも括りの弛み防止の金具が付いて無かった罠だったので、持ち帰って補修する事とした。

 イノシシを軽トラに積んで次の場所に移動し、罠に近付くといつものカチチカチとする音、鹿だ! さらに近付くと立派な角を持った牡鹿が走り回っている。罠が後ろ足に掛っており、近くにワイヤーが掛る木も無いのでかなり自由に動き回り、危なくて近づけない。ワイヤーを留めてあるのが藤の根で、かなり怪しくなっていて切れるかもしれないが、ワイヤーを付けたまま逃げたとしても長生きは出来ないだろうからと、イノシシの解体を優先して残置処分とする(^_^; 鹿は4日に1頭が掛っていたが、これをキッチリ守ってくれた。しかも4匹連続で大きな牡鹿だ。
 鹿の処分を思うとウンザリするが、小さいながらイノシシ1号を捕まえたのでヨシとしよう。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

今晩は

困られた時は、何時でも連絡をしてください。
午前中は、山の中ですので
午後からなら、屠殺、運搬。解体等々のお手伝いができますょ。
  • posted by 独眼竜 
  • URL 
  • 2015.11/16 20:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

独りでは手に負えない様な大猪が掛ったらお太助下さい(^_^)
昨年は大きいのが掛ると、人を頼んで長い竹竿を持ってもらい、そちらを向いた隙に槍で首を刺していました。今年は未だ一度も槍を使っていません(^_^;
  • posted by 野梵 
  • URL 
  • 2015.11/16 23:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

獲物を、絶対になめないでください。

獲物は、ワィャーロープを破断するほどの力がありますょ。
何時も、獲物の上位にいる体勢で、真剣勝負してください。
(獲物との間に、造形物を利用)
  • posted by 独眼竜 
  • URL 
  • 2015.11/17 21:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

植林地は立木を利用しますが、灌木しかないところは怖い(^_^)
  • posted by 野梵 
  • URL 
  • 2015.11/17 22:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR