野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

罠の準備

wanaguu.jpg
wanaa1.jpg
wanaa2.jpg

罠の資材が届きました。現在24個程の括り罠がありますが、使える罠は30個以下なので、不足分と予備に購入した物です。
8個程作れる材料ですが、1万5千円余でした。これに塩ビパイプ等が必要なので、大よそ罠1個の材料費が2千円数百円となり、前は何とか千円台で収まったと思いますので、少し値上がりしたようです?

 私の罠は、VP125パイプを外側に、VP100のエンドキャップへ押しバネ仕様のワイヤーわっかを掛けて填め込むだけの簡単な物です。写真では細いパイプが横になっていますが、実際は地中に埋められて立っており、このエンドキャップに足を載せるとエンドキャップは下に落ちますが、ワイヤーは外側のVP125があるので下には落ずに締るのですが、バネが縦に埋め込んであるので、上に向かって締ります。
 しかし、何度も書いているように、端を踏んでも作動はするので、獲物の足を括るには真中を踏ませなければいけないので工夫が要る訳ですね。

 この方式は製作が簡単で丈夫なのですが、エンドキャップの価格が高いので自作罠としては比較的材料費が掛る事と、パイプを地中に埋めるのに手間が掛るのが欠点です。そこで、今はトラバサミ風の罠が流行りつつあるために私も新規製作からはそれに移行したいのですが、部品作りに工夫が必要な為に現在苦慮中。

 猟期まであと10日程となりましたが、在庫罠の半分強しか穴が掘ってありません。手間が掛るバネパイプ用の穴は掘り終えておきたい所です。しかし、獲物を獲った後にどうするかを考えていない(^_^; 昨年は獲れすぎて獲物の処分に困り、1月半で全ての罠を引き上げていたのですからから、そんなに罠を作ってもしょうがないのですが、軍人も猟師も軍備拡大の意欲は押さえられない(^_^)
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR