野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

食べられる蕾

kisugisu.jpg
atete.jpg
 ♪夏がくーれば思い出す・・今年も咲きました。水芭蕉ではなくニッコウキスゲの方です。尾瀬でニッコウキスゲの群生を見た中国人が「どうして採って食べないの?」と聞いたとの笑い話もありますが、蕾を干した物は金針菜として有名ですね。タンパク質やビタミンA・B・Cにリン、鉄分などミネラル成分が多く、補血、利尿、神経衰弱、膀胱結石に効果があります。キスゲやカンゾウはワスレグサ属と呼ばれますが中国では「忘憂草」と呼ばれるように、鬱や不眠症にも良く、インドの故ガンジー首相はこれを常食していたとの話が残ります。蕾の中の花粉を食べるのが体に良いのだそう。

 こちらも蕾を食べるアーティーチョークが大きく膨らんでいます。
残念ながら栽培に追われていて、料理の方までは進んでいませんが、肝臓に効くので試してみたい。アメリカではマフイアが資金源にしていたので禁止令を出したものの、すぐに解除例が出た程に美味しいとか(^_^)
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR