野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

滋賀へ行く

rose.jpg
habe1.jpg
kusaki.jpg
 滋賀県は守山市営バラ・ハーブ園に行ってきました。入場料は大人200円で、65歳以上は100円です(^_^)
バラ園は様々なバラが咲き誇り、多くの観光客が楽しんでいるのに対し、ハーブ園はそれなりに花は咲いていても人影は疎らでした。

 大いに参考になりましたねぇ。
薬草園に多くのハーブを植えて、人を呼び寄せれないかと考えていましたが、夢は無残に打ち砕かれた(^_^)
三重県には多気に町が営業委託をしている薬草園がありますが、物販や足湯はともかく入場料無料でも薬草園には殆ど人は居ません。青山高原のメナードが営む複合リゾート施設にハーブ園がありますが、こちらは入場料が1000円だったハズ?で、花の季節にはそれなりの人出があります。

 私が人を集めようとしたのはより多くの人に薬草を知って貰いたいからでしたが、例へ花で人を呼び寄せたとしても薬草までは見てくれないと、守山のバラ・ハーブ園はハッキリと教えてくれました(^_^)
 一切の幻想を捨てて、薬草栽培に傾注しよう。社会的に有用であれば反応があるだろうし、不要であれば消えていくだけ、命短し恋せよジジイ(^_^) もちろんサボりながら無理をせずにポチポチですが。

 最後の写真は、今回の滋賀行の主目的だったジャンク草刈機。エンジンは掛るが、あちこち固くて作動しないと言うシロモノ。長い間使わなかったので固着しているのだろうと、そこらじゅうに注油して動く所は動かしてエンジンを掛け、クラッチを入れると草を刈っていくではないか「ヤッター」
 調子にのって背の高い草の茂みに突っ込んで行くと、ずんずん刈っていったものの、そのうちに刈刃に草が巻ついて動かなくなった。それを取り除いて再度刈ると、今度は車輪は動くが刃が回らない。刈刃のクラッチが入らないのだ。
 今日はここで時間切れ。取り敢えず明日はギヤオイルを交換して様子をみてみよう。安物買の銭失いでバカですが、再生するのが趣味で、失敗は授業料(^_^;
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR