野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

地黄の調整

senziou1.jpg
kanziou1.jpg
文字通り遅まきながらと言うわけで、ミシマサイコとオオブカトウキの種まきをとカイケイジオウの植付を終へました。
今日は植付の為に種イモ掘りに掘り起こしたカイケイジオウの洗いと調整を行い、籠に入れて自宅北側に張り出したビニールトタン葺の下屋に吊るす。
 
 1枚目の写真は洗浄したカイケイジオウです。さすがに5月まで掘らずに放置していたら腐敗しているのではないかと思いましたが、芽が出ている物はあっても腐っている物は殆どありませんでした。
 
 2枚目の写真は、春に掘り起こして水洗いしたあと、やはり下屋に吊るして置いたアカヤジオウ。白く見えるのは表皮のようで、中は黒褐色です。黒い部分はかなり硬くなっていて齧ると少し甘く、未だ芯の部分が柔らかい物があるのでこのまま釣るして乾燥を続ける。
 
 梅雨が明けたら乾燥したアカヤジオウを蒸して熟地黄を作ろうと考えています。酒で蒸すとか、紹興酒に漬けて蒸す、或は縮砂酒を霧吹きで噴霧して蒸すなど各種の説があるので、どの方法をとるか迷う(^_^)
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR