野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

地黄植付

hata2.jpg
 書き込みをサボっておりましたが元気で農作業に勤しんでおりました。
この間の作業は、写真の奥から、トウキ4畝、ミシマサイコ2畝の種まき、マルチが掛っている3畝はカイケイジオウを植え付け。他には写真へ映らない左下で生姜とツルニンジンを植付ています。

 今週には畑の上の段の作業は終わる予定で、来週からは未開の(^_^; 下の段の開発に進みます。計画では5月中に下の段の植付を済ませるはずでしたが、半月は遅れそう。

 初めの写真はビニールマルチ張作業の途中ですが、これはどこかの動画で農家の若い夫婦がやっていたのを真似てみました。マルチに棒を通して紐を付け、左手でこれを後ろに進んで引っ張りながら、右手で3角ホーを握って、チョイチョイとマルチに土を掛け、風でマルチが舞うのを抑えます。そして1輪管理機で土を掛けて行きます。動画では2人1組の作業でしたが、1人でも十分早くマルチ張ができました。

 2枚目の写真は、地黄の植付にウエラックを使ってみました。キノコ採りの腰籠(紐を忘れてきたので結束バンドを代用(^_^;)に地黄の苗根を入れておき、そこからウエラックに一つ放り込んで、マルチに突き刺し、ウエラックを空けて地黄の苗を落して引き抜きます。上手く育つかどうかが一番の問題ですが、腰を曲げなくて立ったまま作業ができて楽だし、作業も早く済みました。

 今回もミシマサイコとトウキの種まきは「ごんべえ」を使いました。前回の経験で専用ベルトではない為に種を落す量が少ない事が判ったので、2回重ねて走らせましたが、果たして上手くいくかな?

 本場の薬草栽培がどのような機械で作業をされてみえるのか判りませんが、仕事は何でも出来るだけ楽にしたい(^_^)
uerack.jpg

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR