野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

ツボクサのポット作り

tubo12.jpg
 雛菊「月様 雨が」 月形半平太「春雨じゃ 濡れて帰ろう」
バカヤロー こっちは濡れっ放しで仕事になんねー 苗は根腐れじゃー
今年の春雨は異常ですね、雨は無情と言うけれど、さすがに今年の春の雨は辛い。
 そんな雨の間を惜しんで(ウソ 止んでた時に喫茶店でサボってた)、今日はツボクサのポット植をしました。

 壺草はインドの伝統医療アーユルベーダーで若返りに効果があるとされます。アシュワガンダが精力を高めるのに対してこちらは頭脳の精力剤と言われて認知症の予防にも良いのですね。その他にも傷をきれいに治し、胃薬となり、目の薬、痛み止め、不眠や、神経の高ぶりを抑えるそうです。

 ほら、見えなかった目が見えるようになったと有名じゃないですか「妻は夫を労わりつー 夫は妻を慕いつつ 頃は6月なかのころー」
 爺さん、それ壺草ちがう、壺阪や

 冗談はともかく、肌を綺麗にするので多くの化粧品にも使われています。前に、日本の女性を美しくするために、ツボクサの栽培に挑戦していると書きましたが、未だに挑戦中です(^_^;
 
 東南アジアでは食材として利用され、特に女性には人気だそうですが、日本でも自生はしているものの食習慣はありません。日本のツボクサは小さいのと、水辺の草の間にチョロチョロと生えているだけなのですね。
 これを畑で栽培しているのですが、うまくいきません。雑草に負けてしまいます(T_T) 日本で経済栽培に成功しているのは石垣島のもだま工房さんぐらいだと思うのですが? 本州での栽培法を確立したい物です。

 川畑2号地での失敗は除草の手抜きと水源地に遠かった事が原因だと思われますので、関の薬草園ではそれを改善して新たな栽培方法を試みようと計画しています。ヒミツの自生地から、沢山苗を採取してきたので、これをポットで育てて、成長している間に畑の準備を予定しています。計画や予定ばかりなのが不安(^_^;

 採取地で栽培できたら一番効果的なのですけれどね(^_^) ま、繁殖条件が判るだけでもありがたい。今までの栽培経験から、南紀や四国、九州など温暖な山間地で放棄された湿田跡なんかが最適なように思います?

 再度、声高らかに言おう、日本の女性を美しくするために、ツボクサの栽培に成功する・・・と思う?
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR