野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

ミシマサイコの種を播く

gonbe.jpg
昨日は地方選がスタートをしましたが、地主さんが県議選に立候補をしたので、一宿一飯の恩義ならぬ、畑を無料で借りている恩義に報いいるべく、ポスター貼りをしました。

 二人一組になってポスターを貼りましたが、相棒は、千葉の幕張でウエブデザインをしていたが転職するので次の就業まで少し間があると言う事で、同じ団地に住む縁から地主さんを支援する父親に呼び寄せられた娘さんです。
 デザイナーだけあって、名前を明朝体にしてはダメとか、この切り抜きは下手過ぎるなどと、支援する候補者のポスターをこき下ろす事しきり(^_^)  私だったらもっと上手くやれるけれど、こういうのはお金を貰いずらいので深入りはしないと、極めて全うなご意見(^_^)

 彼女の話に相槌を打つ私に、田舎でフォトショップやドリームウィーバーの話が出来るとは思わなかったとのたまうので、あんたがオシメを当てていた頃から使うとるわいと切り返す。
 
 選挙パンフやホームページを作るならお手の物だと言う相棒であったが、私もシルク印刷業を営んでいた時には看板も製作していていたので、大判のプリンターやカッティングプロッターは未だあり、店じまいをした後も知人が選挙に出た折は選挙の小物を色々と制作した物だが、XPを使わなくなってからはドライバーを入れていないので使えるかどうか判らない。もっとも使えたとしても候補者は手作り感覚を大事にしたいようなので、お呼びではないだろう。

 県会議員選挙ともなると綱領や方針を掲げて、政策で争うのかと思っていたら、どうも地縁・血縁を頼りに、一族郎党の争いをする様に見える? 私も言わば郎党に当たるわけで、やはり血縁を頼りに親戚縁者に地主さんへの投票を依頼している(^_^; 恐らく田舎の選挙はどこも似たような物かな(^_^)

 日常は百姓仕事に勤しむ足軽兵なので、今日は、畑で野良作業。少し遅めですが、ミシマサイコの種まきをしました。
 石灰や遅効性の化成肥料を施したあと耕運機で耕し、向井工業の種まき機械「ごんべえ」を使って種を播く。ミシマサイコは発芽までに時間が掛って雑草との競争になるので、危険分散から二度に分けて播くために今日は半分だけです。
 
  ミシマサイコは肝機能のアンバランスを調整する機能があり、多くの漢方薬に使われていますが、民間薬として単体で使用する場合にはその根を干した物を煎じたり、焼酎に漬けて飲むと、慢性肝炎や臓器の炎症に効果があり、酒で荒れた内臓を回復して益々お酒が飲める?お酒好きには有難い薬草です(^_^)
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR