野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

最後の獲物

sisi91.jpg
しばらく書き込みが有りませんでしたが、当然に獲物が無かったからですね。やっと書き込む事ができました(^_^;
近頃は山に獲物の気配が見られないので、空撃ちをした罠は再置せずに引き上げており、掛けてある罠の数も減っています。
一日置きに見回っていますが、昨日はサボったので今日こそは行かねばと思い、重い腰を上げたのは夕方の4時
 
 まあ無理だろうと、ロープやタオル、ゴム手袋など取り込み道具やカメラは持たずに、それでも槍と剣鉈は持って夕陽も雲に隠された西の山を目指す。
暗くなるので一番奥から見回るが、やはり足跡も無い。次いで実家の畑の所で前回鹿が掛かった所を見回ると、5つ掛けてあったのが今は罠3つだけの罠になっている、その一番奥の罠に大きな猪が掛かっていた!
 近寄るとカチカチと牙を鳴らして威嚇し、見るからに獰猛な面構への猪だ。時間も遅い事だから取り込みは明日にするかとも考えたが、大物なので足を切ったりワイヤーが切れたりする恐れもあるから勝負する事に決めた。
  
 槍を組み立てて猪に立ち向うが、心臓を突きたいので右手に回ろうとすると、敵もそうはさせじと常に正面を向けてくる。僅かな隙を見つけて首から胸へと槍を突き立てる事に決めたものの、突進する勢いでワイヤーが切れる事があるので、立木を楯にしてエイッと槍を繰り出すや、ズブッと首に刺さるが猪はひるまず突きかかってくる。なおも突くが、アリャア、3度目に穂先と茎の際で槍が曲がってしまった。槍は突くより抜く方を早くせよと言うぐらいで、刺された相手側は全力を込めて動くので槍先には大きな力が加わるのだ。
 元々は畑だった場所で石垣が積んであるから、その石垣を利用して槍の曲がりを直す(^_^; 日本刀や槍は過剰な力が加わった場合は折れずに曲がるように作られているのは、折れたら使えなくなけれど曲がったのなら直して何とか使えるからだとは知っていたが、これを実感する。
 
 敵は深傷を受けても怯む事無く、なおも立ち向かって来る。「死ねや!」と深々と首に槍を突き立てると確かな手答えの後に、バキっと槍が折れた。猪は首に折れた槍を下げたまま、なおもカチカチと牙を鳴らしてこちらに突きかかってくる。何度刺しても一度として悲鳴を上げた事も無く、直ぐに立ち向かって来る見上げた奴だ。
 しかしながら、肝心の槍を取られてしまったが、さてさてどうしたものか?  
仕留めはこれで5匹目となる歴戦の勇士だ(^_^;。何回か首筋を確実な手答へで突いており、いくつかの動脈を切っているのは、夕曇ながら辺りを血に染めている事でも判る。待てばやがて出血多量で弱るはずと見切った。
 
 穂先を猪に残したまま折れた槍を片付け、剣鉈を用意する。猪は相変わらずカチカチと牙を鳴らしてこちらを睨み付けるが、やがて息が荒くなってきた。それでも牙は鳴らして戦う姿勢は崩さないが、なおも時が過ぎて辺りが暗くなりはじめると、立っ事が出来なくなったのだろう腹ばいになって牙を鳴らす。近寄ると立ち上がるので、まだまだ危険と様子を見たが、まもなく動きが弱くなった所を見計らい、足で猪の首を踏みつけて動きを止め、首筋に剣鉈を突き立てて頚動脈を断ち切った。
 
 放血を終え、薄暗くなった山中で腹を割いて内蔵を出す。少しでも軽くしないと猪を動かせられないからだ。道まで30mぐらいだろうか、ともかく苦労に苦労をして何とか引きずりだしたが、どうしても軽トラの荷台に獲物を載せる事が出来無い。気持ちはともかく、腹抜き7~80キロ程だろうか?猪を抱きかかえて車に載せる体力が無いのだ。ロープや滑車があれば何とかなるのだが、今回はアテにしていなかったので道具は何も持って来なかった。
 猪1匹軽トラに載せられないようでは1級土木施工管理の資格が泣く(^_^; 位置のエネルギーに背く事ができなければ、それを減らせば良いと言う事だ。すぐ傍が道路より高くなっており、良い具合に切り株があるではないか。猪を括ったワイヤーはそのままなので、切り株を滑車代わりにワイヤーを回し、先端を車に固定して猪を切株まで引き上げ、車を幅寄せし、切捨間伐したまま放置してある丸太を何本か橋にして猪を引きずり込んで軽トラへの積載に成功。もう周りは真っ暗でライトの放つ明かりだけが頼りだった。
 
 自宅に運び込むのも暗闇が味方し(^_^)人知れず収納して今はフネに入れて水で冷やしてありますが、大きすぎてフネに入りきりません。
猪に始まり、猪に終わりましたが、今年の猟はこれで終わりにします。猪2匹、鹿3匹ですが、マルっきりの素人だったにしては上出来だったと思います。逆にそれだけ猪や鹿が多く、獣害の被害の大きさも判って頂ける事でしょう。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

猪、捕獲おめでとうございます
丸々太った上物ですね
牡丹鍋最高ですね
よだれがでそうです
  • posted by siyou110 
  • URL 
  • 2014.02/21 21:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

ひょっとして届けて頂いたの野梵さんですか
有難うございます
自宅ご存知だったんですか

  • posted by siyou110 
  • URL 
  • 2014.02/22 21:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR