野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

軽トラ

keitora.jpg
狩猟用の車が届きました。と言っても単なる軽トラ4WDですが(^_^; 狩猟をやっている人の殆どがこの軽トラ4WDです。偶にジムニーなんかの人も見えますが、ランクルなどの大きな4WD車に乗ってる猟師はまず居ません。田舎の山道は軽トラ用に作られていますから、普通車で入ると傷だらけになるからです(^_^)
 
 しかし、世の中には好きな人もいる物ですねえ、軽トラを購入する際に親父さんが良い物を見せてやると案内された整備工場には車検整備中のハマーH2がデーンと控えておりました。デカーイ! しかしこれで驚いてはいけないとの事、近くの集落で教師を定年で辞めた人が退職金で軍用のH1を買ったそうな。せこ道(集落の道)は走れんし、街へ出てもなかなか駐車場に止められんそうやと話す。我が家の近くにも自動車会社を定年になって退職金で高級外車を購入した人が居ますが、ガマンを重ねた生活から定年で開放されて弾ける人が多いようですね(^_^)
 
 猟師の軽トラにはだいたい無線アンテナが付いていますが、私も免許を取っただけで結局は開局しなかったアマチユア無線を始めようかと思案中。狩猟時の交信だけでなく、罠に発信機を取り付けて掛かったら信号を出すようにしておくと見回りは電波の届く範囲を車でグルりと回るだけでよく、勤めを持ちながら罠猟をする人には重宝されているようです。まあ、こちらは山を歩くのも運動なのですが。
 
 肝心の猟の方は言うと、罠を山の方へ移動させたものの相変わらず空弾きもしません。新しい足跡のある所に掛けるのですがダメです。所々に米糠を置いてみるのですが、食べた様子もないので、獲物そのものが薄くなっているようです。罠を仕掛けている時に2度猟犬と出会いましたが猟師が犬を放っているようで、獲物は更に山奥へ逃げているのかもしれません?
  
 ポツポツと薬草種の注文が入り出しましたが、畑は放置したままです。そろそろ農の方へと動きを切り替えなければなりませんが、その為にもこの辺でイノシシの大物をゲットしたいものだが?
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR