野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

期待外れ

odasao.jpg
昨日は久し振りの雨と言う事で、今日は期待していたのですが、残念ながらハズレでした。
雨の所為で足跡の新旧が良く判りますが、罠の近くにイノシシは来ていません。猟師さんたちが入って狩ったか追い散らしたのでしょう。
唯一、前々回書いた場所には来ていますが、やはり罠を避けて米糠を食べているので、近くにもう一つ罠を掛けようと思います。
 
 罠猟は確率の問題なので、新しい足跡を見つけたら通りそうな所に密集して罠を掛ければ捕獲率が上がるはず? 私はこれに機動罠掛と呼んでいますが(^_^)明日から罠の移動をしようと考えている。
 
 写真は左の黒い茂みで鹿を獲った所ですが、ススキの原は耕作放棄地の田にはイノシシの踏跡が縦横に作られています。恐らく春にはここのどこかでメス猪が子供を産む事でしょう? 罠はここから少し茂みに入った場所に仕掛けてあるのですが、近づいた様子は全く見られません
 余談ながら、この樹林帯の上から山の麓にかけてはトヨタ織機のテストコース予定用地で、再来週には環境アセスメントの説明会は予定されています。その向こうがシャープの亀山工場を含む工場地帯であり、右側は前田川が流れていますから、言わば隘路にあたるので獣はよく通るはずですが、当然ながら猟師も狙い所なので犬を入れたのでしょう。
 
 ともかく明日から山へ前進した罠の陣を敷く予定。罠猟は雪が降ると凍って罠が作動しないからダメだと言うのでちと心配。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR