野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

老人と山

seirei.jpg
今日は朝から雨と言う事で、車庫でポータブルウインチの整備です。
先日2年振りに出してエンジンを掛けようとしたのですが、ダメだったのですね。(写真はそのとき撮ったものです)
そこで今日はキャブレターの分解掃除をしたら目出度く動いてくれました。

そんな物で何をするのかって? 山から道路まで捕まえたイノシシや鹿を引き出す為です。
先日、鹿を引き出すときは、20mぐらい離れたところからの下りでしたが、大変に苦労をしました。
もっと離れた所や登りだとせっかく獲物を捕まえても道路に運び出す事ができません。だれか助けを頼めば良いだけの事ですが、魚と戦い、鮫と戦った『老人と海』の主人公のように、一人で獲物と勝負する老人に憧れを感じるので、機械に頼っでても出来るだけ一人でやってみたいのです。

 腕が短くしてあるので少し判りにくいかもしれませんが、これはセイレイ工業のPW200なる、初期型の「ひっぱりだこ」で200kgの牽引力があり、主に山で材木を引っ張り出すウインチでイノシシや鹿なら軽々と引っ張り出してくれるはずです。牽引ワイヤーは50mなので、それ以上の距離だと尺取虫で使わなければなりません。
 イノシシは谷筋の湿地にヌタバを作る事が多いのですが、これがあれば谷底にも罠を仕掛けられると言う訳ですね。
一番の問題は、肝心の獲物が取れない事ですが、今日の雨で明日は活躍の場がありそうです?
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR