野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

トマト

tomato.jpg
 草よりも、我が身大事とサボリの日が続く。
 午後より図書館に向かうが、途中で返却本が1冊足らない事を知って自宅へUターン
出直して図書館に着くと玄関前に妙な男性が座っているではないか。彼はここの職員で今日は臨時の休館日だそうな。
蔵書整理の為と言うが、職員の夏休みだろ!

夕方、散歩がてらに川畑2号へ野菜の収穫。
畑は草茫々で、隣の様子とは全く違う。放置すると地主さんから文句が出そうだ(^_^;
雑草の中に夏野菜が埋まっており、地這キュウリは宝探しだ
取ってくれよと縋るのか、キャベツに足を取られるが、重いのを下げて歩くも辛いと明日に回し
草を掻き分けたその先に、トマトが赤く色付いている。

今日の百姓一句
草陰に 熟れしトマトや 紅の頬

 トマトの赤い色素のリコピンは活性酸素を除去してくれて、生活習慣病の予防やガンの抑制効果も期待できるとか。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR