野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

岸岡山

kisioka.jpg
今日は、鈴鹿市にある岸岡山緑地公園に行った。伊勢平野の海岸近くにポツンと突起した独立丘陵で標高は45m。
頂上に展望台があり、それに登ると伊勢湾がグルリと見渡せ、この眺望の良さから幕末には異国船打払令を受け、この辺り一帯を飛地として治めた亀山藩が砲台を築いていた場所でも有る。
 写真は伊勢湾口を撮ったもので、判別できないが左が知多半島先端、その奥に渥美半島、中央に小さな三角形の神島が見え、答志島、伊勢の山々へと続く。
 
 ここに立つと、絶好の見晴台であると共に、海側からは航海の目印に最適だと判る。写真右手近くに古くから海運拠点の白子港があり、周りには古墳群もあるが、昔から栄えていた事も頷ける。
 古代の交通は陸路を行くと河川に遮られるので、殆ど水運だったそうだが、この小山に登ると伊勢湾が一望できるので、各地が案外近くに感じられるから不思議だ。
 
 海洋民の安曇氏は、発祥地を筑前国糟屋郡阿曇郷とし、後に志賀島を活動の拠点として全国に進出したと言うが、伊勢湾口に横たわるのはその安曇の名前に由来すると言う渥美半島であり、付根に注ぐ豊川の古名を飽海川と呼び、伊勢湾奥を海部郡と呼ぶ。
 
 東海地方は先ず海洋民が海や川を使って奥へと進出していったと考えても大きな間違いでは無いのではないだろうか?
愛知県の主な縄文遺跡は吉胡貝塚(渥美半島)伊川津貝塚(渥美半島)織田井戸遺跡(小牧市)であり、三重県の主な縄文遺跡は大鼻遺跡(鈴鹿川支流)天白遺跡(雲出川支流)粥見井尻遺跡(櫛田川中流)坂倉遺跡(櫛田川中流)森添遺跡(宮川中流)である。これらは織田井戸遺跡を除けば、渥美半島の付根と伊勢湾に注ぐ大きな川の近くであり、漁労と狩猟、そして採取で生活していたとも考えられるのだが? 織田井戸遺跡にしても古代の伊勢湾はかなり奥まで広がっており、木曽川や庄内川に近かったのかもしれない?

 伊勢神宮は外宮の神官である渡会氏は元の名を磯部氏と言い、遠賀川河口を本貫地としており、安曇氏とは別系統ではあるが海洋氏族と言う。その租は神武東征に従った天日別命で、神武から与えられた剣で伊勢の地を平定したので、その子孫の磯部氏は山田原でこの剣を祭っていたそうな。
isewan.jpg

 呉の国であった舟山列島辺りの海洋民が呉越の戦いもあってか、東シナ海に舟をだし、済州島から対馬、そして朝鮮半島南部や北九州に住み着いたのが倭人だと言うが?神武東征の神話の当否は別にしても、秦の始皇帝より命を受け、蓬莱島を目指して江蘇省連雲港市を船出した除福が到着した地と言うのが紀伊白浜と熊野にあるように、神武東征に先立って東シナ海を北に向かう対馬海流ではなく、四国沖から紀伊半島に流れる黒潮に乗った海洋民が紀伊半島や伊勢湾口に住み着いていたと考えてもおかしくは無い。
 彼らは祖先と言語を同じとする九州の倭人とも交流があり、九州勢力が東方へ勢力を伸ばす際に、これら紀伊半島の海洋民が助力して大和盆地へ攻め込んだとすると面白い。

 その後、皇居で祭っていた天照大神のシンボル八咫鏡を、第10代崇神天皇が大和笠縫邑に移して皇女豊鍬入姫にこれを祀らさせていたが、次の垂仁天皇25年に、倭姫命があちこち彷徨った末に今の地にたどり着いたのが今の伊勢神宮と言う。つまり、先ず磯部氏=渡会氏の祭る外宮があって、後から伊勢神宮=内宮が押しかけてきたわけだ(^_^)
 ちなみに伊勢の地名は伊勢風土記によると神武東征で天日別命に追われた、出雲神で伊賀の安志(あなし)にいた伊勢津彦(出雲建子命)に由来すると言われ、伊勢津彦は伊勢から渥美半島に渡り、豊川を遡上して諏訪へ逃げたとされている。

 小さな山であるが、気分を壮快にさせてくれる所である。国道23号線、鈴鹿警察署の東1kmぐらいにあるが、ちょいと行きにくいけれど、お近くを通られる際は一度寄って見るのも良いだろう。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR