野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

葛の花

kuzunoha.jpg
涼しくなったのに、夏のサボリグ癖が治らないままダラダラと日を送っております。
収穫の秋と言う事で、栽培している薬草やハーブも取り入れ頃ですが、昨日は近所で葛の花を採取してきました。そこら一面に生えているあの蔓性の雑草ですね、秋の七草にも数えらており今が季節です。
 葛と言えば、葛根湯や葛粉など「根」の利用が多いのですが、今回は花を求めてご近所を徘徊。
葛の花は昔から「酒毒(しゅどく)を消す」と言われ、二日酔の予防や解消として各国で用いられてきましたが、近頃の研究結果によると育毛やダイエットに効果があるとされているのですね。
 
 詳しくはググって頂くとして、葛の花には、脱毛酵素とも呼ばれている「5α-リダクターゼ」に対する強い阻害作用があるそうで、葛の花を乾燥したあと焼酎に漬け、それを頭にかけてマッサージをすれば、やがて黒髪がフサフサに・・・なるかどうかの責任は持てないが、試す価値はあるでしょう。焼酎の臭いが気になるなら消毒用アルコール使ってください、それらを等倍のヘアトニックで薄めれば立派な育毛剤ができます。

 それに葛の花を継続的に摂取すれば、腹部内臓脂肪や皮下脂肪を低減させる抗肥満作用があるとか。お茶にして毎日飲めば、飲むだけでダイエットが出来る! これも保障できませんが、少なくとも肝臓には良いでしょう(^_^)
 一般的には「葛の花ダイエット」としてエキス入り錠剤が販売されていますが、含有成分は微量でしょうから、自分で花を摘んでお茶にすれば、より濃い物が無料で入手できますよ。

 痩せるかどうかはともかくとして、内蔵に良いお茶として作ってみようと思います。冷やして頭に掛ければ育毛剤になるお茶なんてちょっと無い(^_^)
人が痩せたり太ったりする直接的な原因は糖質の摂取量だとの説があり、日々の生活から糖質を少しずつ減らせばダイエットが出来るという。しかし、急に糖質制限の生活に入ると元気を無くす副作用があり、リバウンドしてしまう事も多いとらしい。そこで、殆どカロリーの無いステビアで甘みをつけ、これを飲む事で甘い生活に浸りながら、糖分や炭水化物の摂取を減らし、葛の効果で内蔵の脂肪を減らして、結果としてダイエットが「期待」できるお茶です。ただ今鋭意開発中、乞うご期待!

「恋しくば尋ね来て見よ 和泉なる信太の森のうらみ葛の葉」安倍保名に助けられた狐の葛の葉は美人に化けて恩返し。葛は美人に化ける秘力があるハズ?
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR