野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

ヤマモモ熟す

yamamo.jpg
 今年は庭のヤマモモが生り年で、たわわに実を付けました。
ヤマモモは生薬名を楊梅と呼び、中国でその実は酒毒を消すと言われているそうですが、日本では実より樹皮が良く使われ、粉末にして水や酢で煉り湿布材とし捻挫や打撲傷に用いられてきた他に、煎じて下痢止めに飲んだり、口内炎、扁桃腺炎のうがい薬として使われてきました。また、ヤマモモの樹皮は化粧品にも使われておりこれを煎じて飲み続ければ美容とダイエットと健康に効果があるとも言われますが保障の限りではありません(^_^)

 ヤマモモ生産日本一の徳島県や薬草研究の盛んな島根県では、ヤマモモの葉の抗酸化作用、抗アレルギー作用に注目してヤマモモ茶を開発していますね。アンチエイジングや血圧を下げる効用があるそうですが、島根県では抗インフルエンザウイルス剤として特許を申請しており、ヤマモモの薬効についても書かれているので関心のある方は見てください(http://www.j-tokkyo.com/2004/A61K/JP2004-331608.shtml)

 我が家では成分をアルコール抽出して摂取しています。早く言えばヤマモモ酒ですが(^_^)、一般的な果実酒より砂糖を少なくするか、全く入れ無い方がヤマモモの味がして好きです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR