野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

自然薯植え

sanya.jpg
 今日は深く掘った溝が雨で水に浸かり、途中で放置してあった自然薯を植え終える。
季節的に遅すぎる嫌いはあるが、種芋を見ると発根しはじめたところなので、ギリギリセーフだろう?

 自然薯栽培には色々な方法があるが、うちは畦シートの幅を半分に切りそれを1.5m程の長さにして、樋のようにU字に曲げ、山砂を入れて斜めに寝かせている。
今は波ビニールトタンを切って寝かせ、その上にビニールダクトへ山砂や赤土を入れて乗せる方法が主だと思うが、うちは前のが残っているからそれを使うだけで特に拘りがあるわけではない。
以前は山の畑で何本も作っていたが、今年は川の畑で20本程だ。今やあちこちで自然薯栽培をしているので興味が失せてしまった(^_^;

 自然薯に代えて力を入れている芋はツルニンジンであるが、こいつは恥ずかしながらうちでも未だ栽培方法を確立しておらず、途中で消える率がまだまだ高い。
長野県と富山県で栽培されているが、あっちは行政や大学の支援を受けており、今のところは残念ながら敵わないのだ。しかーし、我に秘策あり、鈴鹿名産山賊芋と銘打った蔓人参が、人々に食される日もそれほど遠い事では無いだろう・・と思うのだが(^_^)
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR