野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

出荷前

yayaku.jpg
今が一年で最も忙しい時です。育った苗を畑に植えたり、挿し芽をしたり、高音性の物は今から種を播きます。
僅かな金額ですが、苗が売れるのも今が一番ですね。
今日は出荷前に集めた苗を撮ってみました。
内訳はエビスグサの種、大和トウキの種、セリバオーレン、大和トウキ、日向トウキ、イカリソウ、トキワイカリソウ、ヒメウコギ、ゲンノショウコ、アカヤジオウ、カイケイジオウ、ツルニンジン、ホソバオケラです。

 百に近い薬草を育てていますが、売れるのは極僅かで、全く商売にはなりません。当地には何が適しているかを探すために色々と集めており、その資金を僅かでも捻出する為に苗を販売しています。
 幾つかの薬草に絞込みを掛けてはいますが、どういった方法で収益を上げていくか? 耕作放棄地で薬草栽培を普及するのが狙いですが、私の考えは先ず自分が儲けて先例を示せば地域で流行るとの考えです。
 一般的な薬草茶を作る事と、薬膳材料の供給基地を狙っていますが、残り少なくなった人生を考えると、将に日暮れて道遠しの感。メロスよ走れ!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR