野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

雪中行

kamoike.jpg
今朝の鈴鹿は雪
犬は喜び、庭駆け巡るらしいが、爺さんだって明るい雪景色にはどこか心動かされるものがある。かの芭蕉すら「いざ行む雪見にころぶ所まで」と(^_^)
 ♪雪の進軍氷を踏んでどれが河やら道さえ知れず 気分だけは重いザックを背負い深雪を踏みしめて登った遠い昔の雪山登山、ゴム長靴を履いて雪を蹴散らし近所を散歩
 我が家の下にある池に回ると、鴨が泳いでいた。尻尾の方に白いラインカが見えるのでカルガモかな?
 体が冷えると血圧が上がるので年寄りに寒さは大敵と、雪中行進は早々と退却。転ぶ所まで行く根性もなく、天はとっくに我を見放している。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR