野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

鉈起し

matugiri.jpg
詳しくは知らないが、どこかの山里では正月の仕事始めを鉈起しと言うらしい。
そこで、山の民の末裔としては古式に則り(^_^)鉈を振って今年の農始めとなった。

 庭にあった松の木を切り倒し、庭の築山を崩す。
ついに食い詰めて、庭で薩摩芋でも作るのか?
良い案ではあるが、戦中戦後では無い(^_^;

 今年は薬草やハーブの栽培を増やす計画だが、その為には先ずは育苗施設(そんな大袈裟な物ではないが)を拡充しなければならない
そこで築山を生産緑地へと再開拓するのだ(^_^)

 写真の鉈は少しオカシイと気付いた方は立派な刃物オタと認定(そんな危ないのに認定されたくないって?)
普通の鉈は刀剣の伝統を引いて樋=血抜きの溝があるのだが、これには妙な▲が連なっている
と、言うのも、この鉈はそんじょうそこらにある鉈とは鉈が違う
銘?には山とスキーにEVERNEWのロゴマークとSPORTS HATCHET なる刻印がしてある。
昔の山屋は道なき道から山頂を目指す時は、腰に鉈を下げて、行く手を阻む蔓を切り、立木に鉈を打ち込んでは道標としたが、そんな岳人の為にエバニューは鉈を売っていた。

そう、あの荒き心を持って、今再び未開の道を切り開こう
青年は荒野を目指し、爺は墓場を目指す?
良いではないか「吾等が行くところは戦場であり、そして墓場である」(山本宣治)

1昨年暮れに交通事故で入院して以来、昨年は1滴の酒も飲まなかったが、今年の正月から酒を飲み始めたのでいささか酔っている(^_^;
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR