野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

初詣

no.jpg
あけましておめでとうございます。
お正月と言う事で、人並みに初詣へ行ってまいりました。
新興団地ですから、どこの氏子と言う意識はありませんが、秋祭りの子供神輿は能褒野神社の神主さんに祈祷してもらうので、たぶん能褒野神社のナワバリと思い、能褒野神社に参ってまいりました。
神社はふだん閑散としていますが、正月ばかりはかなりに賑わっております。
nobono.jpg
 ここはヤマトタケルの御陵があるので寄りましたが、そこでは参拝客に1組しか会いませんでした。
元々能褒野神社は、明治の初めに「記紀にヤマトタケルが能褒野で亡くなられたとあるから墓を決めよう」と言う事になり、地元では王塚とか丁子塚と呼ばれていた古墳を御陵ときめ、お宮さんを隣に建てたものなのですね。
地元の伝説では4キロほど離れた加佐登神社の横にある白鳥古墳がヤマトタケルの墓と言われており、明治9年には教部省がいったんそこを御陵と決めたのですが、明治12年に宮内省が英雄伝説で名高い皇子の墓は大きくなければならない? 北勢地方で一番大きな前方後円墳のあそこにしようと、こちらに変えました(^_^)
天皇陵と言われている古墳の多くが間違っていると言われているぐらいですから、伝説の皇子の墓の選定がエエカゲンなのはしょうがないですね(^_^;
さすが宮内庁の管理ですから整備されていて綺麗です。
noboryou.jpg

石を投げ入れたりすると、不敬罪か何かの罪に問われそう?
ここを始め、静岡から鹿児島までの陵墓は宮内庁京都事務所が管理していますが、陵墓だからと言って特別な罰則規定は無いそうですね
まあ、陵墓には垣がしてあるので、無断で入れば建造物侵入や、何かを壊せば器物破損には問われるかもしれませんが(コラコラ)

とにかく、少ないながらも精一杯のお賽銭をあげ、お願いも一杯してきました。
今年は良い年になりそうだ。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

あけましておめでとう御座います
野梵さんすぐ近くなんですね
私も能褒野神社・日本武尊の御陵共参拝して来ましたよ。
近くなんですね 今後共よろしくお願いします。


  • posted by siyou110 
  • URL 
  • 2013.01/02 22:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR