野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

林道

毎日ポットの整理では気が滅入るので、今日は久し振りに山へと向かう
乗るはゼロハンバイクのホンダDIO、型は古いが乗らなかったので走行距離はまだ3100キロ、先日タイヤも交換したばかりで絶好調だ。
本当はオフロードバイクが欲しいところだが、貧乏な我が家には高嶺の花。
セルフスタンドで燃料を満タンにするが、千円札で500円と10円のお釣が来た。それを持ってコンビに寄り、オニギリとお茶の食料調達。
ヘルメットにザックを背負い、小さなバイクに乗る姿は、甲冑を身にまとい、痩せ馬に乗るドン・キホーテにも似ている事だろう。
走れロシナンテ、ひたすら西へ

 と言っても、5~6キロぐらいで林道入り口へ(^_^) 
今日は石水渓から東海道坂下宿へ抜ける鈴鹿幹線林道南線をせめる。
しばらくは第二名神国道と平行し、やがて左右に別れて上り坂だが、ロシナンテは苦もなく駆け上がていく。
絶景のところで写真を撮って一休み。
rin.jpg
暫く走ると森林組合の人が道路整備をしていたので、キノコはどうかと聞くと、スギタケならそこら中に生えているがとの事。
一面が植林地であり、あるのは杉や檜ばかりであり、景色を楽しむ事とした。
林道もやがて終わりのようで、田舎にしては大きな墓地があったので覗く。
坂下宿のお寺の墓地とかで、墓石を見て回ると、元宿場町らしく姓が多様であり、檀家の一覧表示があったので見ると、半分以上が市外や県外である。
古くて大きな墓石も多く、この地が栄えていたことを偲ばせる。

 東海道に出たので、このまま帰るかどうか迷ったが、手ぶらで帰るのも癪なので、前にキノコを取った事のある林道へ。
この林道には入り口に不法ゴミ投棄を防ぐための鎖が張ってあるので、車では入れない為にキノコが取れる率が高い。
小さなバイクなら鎖の脇から入れるので、今日はゼロハンバイクの林道ツーリングなのだ(^_^)
koin.jpg
少し走ると道路脇に10センチ以上もある大きな黄色いキノコの群生! 名前を知らないのでパス
前に見た木には残念ながら無かったが、それでも少し登るとヒラタケの群生をハケーン
キノコ狩りをするつもりでトレッキングシューズを履いて行ったが、お土産はできたので林内には立ち入らずにお帰り。
hiraki.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

私の知り合いは毎年、石水渓の山で松茸をスーパーカブに乗って採りに行ってます。今年は上がりが悪く数本のみだったとの事。毎年今日は何本採ったと武勇伝を耳にするが、未だおすそ分けはありません。
  • posted by siyou110 
  • URL 
  • 2012.11/15 22:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR